モチベーション

ジェットコースターみたいに
上がったと思ったら急降下

好奇心と高揚感
勇気を少々
時間をかけて上り詰めても
落ちるのは一瞬

先の見えない未来
そこに口を開けて
何が待っているのだろう

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

創りものの世界

創りものの世界は
時々裏切るが
決して僕を傷つけない
僕はそこで
疑似体験をするだけだ

そしてそれは
思考と想像を与え
感動とモラルを与える
得ることはあっても
失くすことはない

そこに束縛はない
どれだけ留まろうとも
飽きて現実に戻ろうとも
何もかも自由なのだ

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

遺影

薔薇、向日葵、かすみ草
鷺草、紫だいこん…
色鮮やかな花に囲まれて
遺影の貴女は笑っていた
好きな花を育てて
家族に見守られて
きっと一番幸せに過ごした時間
私の見たことのない祖母が
そこにいた

蝉がしきりに鳴いていた
風が何処からともなく吹いて
ひんやりとした空気に包まれた
「南無大師遍照金剛」と
読経が部屋に響いていた
集まった家族に応えるように
線香の煙が立ち上り
その向こう、遺影の中の
花が揺れていた



2014年8月8日祖母のお葬式。
式の間、冷たい風が吹いていて、遺影の中の紫だいこんの花がずっと揺れて見えた。祖母が「ありがとう」と伝えているように思えた。

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

祈り

照りつける日差しの中で
柔らかな風が
そっと頬を撫でる
雨が静かに忍び寄っている

これが貴女と最期の別れ
訃報の知らせを聞いても
どこか実感なくて
涙すら出なかった

貴女はその笑顔の下に
苦労を背負い込んで
きっと花だけが
唯一の生き甲斐だった

ようやく
この世の束縛から
解放されて
貴女は自由になった

来世では
もっと幸せでいられるよう
祈りを込めて

…黙祷。



2014年8月7日祖母、お通夜。

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

さよならの足音

さよならの足音が
そっと忍び寄り
そして静かに離れていった
部屋に残された花が
首を傾げた

蝉しぐれが止んだ
胸騒ぎは現実へと変わり
静寂が訪れる
一瞬
時が止まったかのように見えた

花が好きだった貴女は
たくさんの花々に囲まれて
きっと今頃
女学生のように
はしゃいでいるに違いない



8月3日祖母永眠96歳、肺炎で。

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

萩野 桂(はぎのけい)

Author:萩野 桂(はぎのけい)
京都在住。12月8日生 射手座 B型

亡き祖父である八木毅は、シェイクスピアの研究者で、英訳「アセンズのタイモン」他英訳本を出版。その傍ら、八木絵馬の名で俳句本も出版。そんな祖父の影響を受け、シェイクスピアに幼少より興味を抱く。また谷川俊太郎氏などの影響を受け、詩を書くようになる。
少しでも何かを感じて頂ければ嬉しく思います。

<出版>
新世研「ぼうけんだいすき」(絵本翻訳)
新風舎「たからのはこ」(詩集1編)
新風舎「ゆめのたね」(詩集2編)
新風舎「きみのかけら」(詩集3編)

<賞>
2006年文芸社 VA出版文化賞 ポエトリー部門特別賞
最近応募していませんが、また挑戦するため、ブログの一部を非表示にしています。

こちらもよろしくお願いします。
Facebookページ「萩野桂」
ツイッター「萩野桂」
pixta 写真販売中

なお、こちらにアップしている京都ページは、「京都散歩道」に移動しました。

ウェブマガジン「コスマグ」にも記事を書かせていただいています。
「kossmag おとながーるの京都暮らし&社寺さんぽ」

なお、当サイトに掲載されている個々の情報(文章・写真など)は、個人で楽しむ以外は無断で複写、複製、転載等、ご遠慮ください。 著作権はすべて、萩野桂(はぎのけい)にあります。

FC2カウンター
ブログランキング
ポチっとよろしくお願いします!

FC2Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
読書カレンダー本棚
Powered By ソーシャルライブラリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR