スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春のお茶の歴史講座

今日は橋本素子先生のお茶の歴史講座。
ということで、大阪の野江までいってきました。

IMG_7144_20120226222211.jpg
毎度のことながら、ものすごい量のお茶です。
さすがに全部は無理ですね^^;

IMG_7145_20120226222211.jpg
午前の部のお菓子。
横浜の喜久屋さんのラムボールが特においしかったぁ。

IMG_7146_20120226222211.jpg
まずは静岡の足久保茶。
すっきりと飲みやすいお茶でした。

IMG_7152_20120226222210.jpg
続いて川根 杉谷さんの紅茶。

IMG_7153_20120226222210.jpg
さらに有機紅茶「貴婦人」

IMG_7154_20120226222209.jpg
きみくらさんの糀(こうじ)紅茶。

和紅茶飲み比べ~。
どれも大きな差は感じなくて、ほのかな甘みがあり、飲みやすかったです。

IMG_7157.jpg
ミャンマーのお茶。
こちらは酸味が強く感じ、後発酵茶みたいでした。

IMG_7158.jpg
静岡の東山茶。東山のみで飲んだことがなかったのでw
見た目にびっくりしたけど、飲んでみると深蒸しの甘みがあり、おいしかった!

IMG_7161.jpg
上林さんの抹茶「りゅうせん」と午後の部のお菓子。
ひなまつりをイメージした和菓子と、クリームチーズ餡が入った餅の和菓子。


IMG_7162.jpg
島田のゆず茶。釜炒りなので、葉がくるんとしていてかわいい。

IMG_7163.jpg
ゆず茶をいれたところ。ゆずで香りづけしてから、ゆずはとっているのだそう。
釜炒りのさっぱりした味とよく合います。


IMG_7165.jpg

最後に「まちこ」
春にふさわしい、桜は入ってないけど桜風味の煎茶。
やっぱりこれはいっとかないとねw

ってことで、楽しいお茶会でした~

・・ん?
歴史講座はどこいったって?

もちろんしっかりやってきてますよー。
中世の茶園と製茶法、文献に基づいた上林家の経営など・・。
今までの復習と、新しくわかった研究成果・・これがまた衝撃!
歴史がひっくり返りますよ。

・・正式な発表はこれからとのことなので、詳細は控えさせていただきます^^ 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

萩野 桂(はぎのけい)

Author:萩野 桂(はぎのけい)
京都在住。12月8日生 射手座 B型

亡き祖父である八木毅は、シェイクスピアの研究者で、英訳「アセンズのタイモン」他英訳本を出版。その傍ら、八木絵馬の名で俳句本も出版。そんな祖父の影響を受け、シェイクスピアに幼少より興味を抱く。また谷川俊太郎氏などの影響を受け、詩を書くようになる。
少しでも何かを感じて頂ければ嬉しく思います。

<出版>
新世研「ぼうけんだいすき」(絵本翻訳)
新風舎「たからのはこ」(詩集1編)
新風舎「ゆめのたね」(詩集2編)
新風舎「きみのかけら」(詩集3編)

<賞>
2006年文芸社 VA出版文化賞 ポエトリー部門特別賞
最近応募していませんが、また挑戦するため、ブログの一部を非表示にしています。

こちらもよろしくお願いします。
Facebookページ「萩野桂」
ツイッター「萩野桂」
pixta 写真販売中

なお、こちらにアップしている京都ページは、「京都散歩道」に移動しました。

ウェブマガジン「コスマグ」にも記事を書かせていただいています。
「kossmag おとながーるの京都暮らし&社寺さんぽ」

なお、当サイトに掲載されている個々の情報(文章・写真など)は、個人で楽しむ以外は無断で複写、複製、転載等、ご遠慮ください。 著作権はすべて、萩野桂(はぎのけい)にあります。

FC2カウンター
ブログランキング
ポチっとよろしくお願いします!

FC2Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
読書カレンダー本棚
Powered By ソーシャルライブラリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。