スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/2 宇治茶まつり その1

すっかりアップが遅くなってしまいましたが、去年の宇治茶まつりです。


宇治茶まつりとは、栄西禅師(ようさいぜんじ)、明恵上人(みょうえしょうにん)、千利休の3人の茶祖並びに 茶行先覚者の霊を祀り、併せて茶の史跡保存と宇治茶の振興を図るために、毎年10月 上旬に宇治橋周辺で行われる祭りです。今年は60周年ということもあり、盛大に行なわれました。

IMG_5556.jpg


宇治橋には、張り出した場所があり、これはかつて、橋の守り神である橋姫を祀っていた、「三の間」といわれています。また、豊臣秀吉が、ここから茶の湯を汲ませたという逸話があるそうです。


IMG_5560.jpg


お払いなどの儀式の後、このように、宇治橋「三の間」からシュロ縄につるした釣瓶(つるべ)で清水を汲み上げます。


IMG_5576.jpg


これをいったん桶に移してから、竹筒に移します。


IMG_5572.jpg

IMG_5573.jpg


当時を想わせる衣装に身をつつんだ行列により、献茶の行われる右岸の興聖寺(こうしょうじ)に大切に運びます。


IMG_5581.jpg


私も先回りして、興聖寺へ向かいました。

その途中で、中の島の橋を渡っている行列が見えました。

今回はいつものコースと違い遠回りしていたそうです。

テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

萩野 桂(はぎのけい)

Author:萩野 桂(はぎのけい)
京都在住。12月8日生 射手座 B型

亡き祖父である八木毅は、シェイクスピアの研究者で、英訳「アセンズのタイモン」他英訳本を出版。その傍ら、八木絵馬の名で俳句本も出版。そんな祖父の影響を受け、シェイクスピアに幼少より興味を抱く。また谷川俊太郎氏などの影響を受け、詩を書くようになる。
少しでも何かを感じて頂ければ嬉しく思います。

<出版>
新世研「ぼうけんだいすき」(絵本翻訳)
新風舎「たからのはこ」(詩集1編)
新風舎「ゆめのたね」(詩集2編)
新風舎「きみのかけら」(詩集3編)

<賞>
2006年文芸社 VA出版文化賞 ポエトリー部門特別賞
最近応募していませんが、また挑戦するため、ブログの一部を非表示にしています。

こちらもよろしくお願いします。
Facebookページ「萩野桂」
ツイッター「萩野桂」
pixta 写真販売中

なお、こちらにアップしている京都ページは、「京都散歩道」に移動しました。

ウェブマガジン「コスマグ」にも記事を書かせていただいています。
「kossmag おとながーるの京都暮らし&社寺さんぽ」

なお、当サイトに掲載されている個々の情報(文章・写真など)は、個人で楽しむ以外は無断で複写、複製、転載等、ご遠慮ください。 著作権はすべて、萩野桂(はぎのけい)にあります。

FC2カウンター
ブログランキング
ポチっとよろしくお願いします!

FC2Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
読書カレンダー本棚
Powered By ソーシャルライブラリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。