スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/18 吉田山大茶会 その2

IMG_3996.jpg
先ほど、龍をイメージして入れていた場所で、
今度は違うお茶での茶席があり、ようやく潜り込みました。
人がいっぱいなので、なかなか座れないんです^^;
中国茶は普段飲むことがないので、興味津々。
5人で、カップ10個用意してどうするのかと思っていたら・・。
細長い方にお茶を入れていました。

IMG_3998.jpg
二つのカップを出されて、細い方からこのようにお茶を移し、
細い方で、まず香りを楽しむのだそう。
なるほど~。ぷんっとよい香りがして、癒されます。
それから、色を見て、味を楽しみます。

IMG_4000.jpg
再度、境内の方のブースへ。
気になっていた、カップで出してくれる紅茶を頂きました。
こちらは、愛媛の和紅茶。
今回和紅茶もいろいろ出ていて、静岡、宮崎、愛知のも、別ブースで頂きました。

IMG_4001.jpg
やはりこうして、カップで出してもらえると、うれしいですね。
それだけでもおいしさ倍増(笑)
クッキーも素朴でおいしかったです。

それから、写真は撮っていませんが、
高知のりぐり茶、宮崎のほうじ茶・煎茶なども頂きました。

さらに、台湾茶では、東方美人、福壽山 というのを頂きました。
こちらは、手摘みで丁寧に仕上ているとかで、とってもおいしかった!
ただ・・東方美人は25g 2000円。福壽山は25g 4500円という・・。
さすがに手が出せず^^;

IMG_4002.jpg

再度保育園ブースに戻る・・。
ここの茶席がほんとすごくて、お茶によってテーブルも変えるんです。

IMG_4003.jpg
こちらが同じテーブル。
東方美人の冷茶ということもあって、参加~♪

IMG_4007.jpg
タイトルが「Over the rainbow」ということもあって、
虹の上を渡るかのように優雅なお手前に、うっとり。
ガラスの青い涼しげなコップは、なんと100円ショップのものだとか。
み、見えない・・。
カップに水を入れて、冷やします。

IMG_4008.jpg
抽出はお湯で濃い目に出します。
一回目はさっと湯通ししてすぐに捨てます。

IMG_4012.jpg
氷の入ったガラスポットに注ぎ入れ、それをカップに分けていきます。
オンザロックの入れ方ですね。

IMG_4013.jpg
煎茶や中国茶ばかりも、胃もたれするので・・。
インドとトルコのチャイのブースへ。
インドチャイとキョフテを頂きました。
んー、ほっこり。

IMG_4016.jpg
そして、買って帰ったおみやげのお茶とお菓子。
左上の缶は、東方美人。
そしてその下は、冷茶のところで配っていたシンガポールのお菓子。
ジャムがサンドされていておいしかったです。

IMG_4017.jpg
こちらは、天然素材を使ったお菓子。
新茶やほうじ茶との組み合わせがよいですね。
素朴でおいしくて、あっというまに食べちゃいました。

IMG_4018.jpg

こちらは、300年の古木を使った抹茶。
早速家で点てました。
お茶の木は15年くらいで植え替えるので、貴重ですよね~。
色もきれいだし、ほんとまろやかで口当たりさっぱりで、おいしいです。


・・朝10時過ぎから、3時までいて、結局昼も食べずに回ってました(笑)
いやはや・・。

テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

今年はお手伝いで知り合いに顔見せるぐらいしか回れなかったので、レポ感謝です(^O^)本来なら手摘みの新茶がメインのはずが、不作で出せないという残念なこともありましたが、裏方も楽しかったです。来年は遊びたい~けどたぶんまたスタッフしてます(笑)

>二人静さん

そうそう、スタッフすると、ゆっくり回れないのが残念。
たぶん、来年も・・私は参加する側で(笑)

そっか、手摘みの新茶を出すはずだったのですね~。
いろいろ見ていると、人が集まるブースっていうのもわかるので、今後の参考にもなりますねw
プロフィール

萩野 桂(はぎのけい)

Author:萩野 桂(はぎのけい)
京都在住。12月8日生 射手座 B型

亡き祖父である八木毅は、シェイクスピアの研究者で、英訳「アセンズのタイモン」他英訳本を出版。その傍ら、八木絵馬の名で俳句本も出版。そんな祖父の影響を受け、シェイクスピアに幼少より興味を抱く。また谷川俊太郎氏などの影響を受け、詩を書くようになる。
少しでも何かを感じて頂ければ嬉しく思います。

<出版>
新世研「ぼうけんだいすき」(絵本翻訳)
新風舎「たからのはこ」(詩集1編)
新風舎「ゆめのたね」(詩集2編)
新風舎「きみのかけら」(詩集3編)

<賞>
2006年文芸社 VA出版文化賞 ポエトリー部門特別賞
最近応募していませんが、また挑戦するため、ブログの一部を非表示にしています。

こちらもよろしくお願いします。
Facebookページ「萩野桂」
ツイッター「萩野桂」
pixta 写真販売中

なお、こちらにアップしている京都ページは、「京都散歩道」に移動しました。

ウェブマガジン「コスマグ」にも記事を書かせていただいています。
「kossmag おとながーるの京都暮らし&社寺さんぽ」

なお、当サイトに掲載されている個々の情報(文章・写真など)は、個人で楽しむ以外は無断で複写、複製、転載等、ご遠慮ください。 著作権はすべて、萩野桂(はぎのけい)にあります。

FC2カウンター
ブログランキング
ポチっとよろしくお願いします!

FC2Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
読書カレンダー本棚
Powered By ソーシャルライブラリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。