4/23 いざ吉野山へ 奥千本~上千本

バスが行ったばかりで、次来るのが30分後。
そのまま歩いて降りても、時間的に変わらないだろうといわれ、歩くことに。

IMG_3378.jpg IMG_3380.jpg
途中。
右は、高算堂跡の南にある牛頭天王社の跡。

IMG_3381.jpg IMG_3383.jpg

IMG_3384.jpg
役小角。

IMG_3404.jpg IMG_3385.jpg

こちらも世界遺産。吉野水分神社。
社殿は豊富(臣)秀頼が再建したものです。
残念ながら、改装中でしたが・・。

IMG_3390.jpg
中に入ると、すぐ右側には、ふくろうさんがいました。

IMG_3392.jpg IMG_3403.jpg
豊臣秀頼寄進の慶長9年、桃山時代の湯釜!
右はお風呂かなぁ?

IMG_3393.jpg
西行さん。
「ようきはったなぁ。まぁゆっくりしていきなはれ」
とでもいいそうなw 
(京都じゃないから、こんな話し方はしないか^^;)

先に西行庵に行っただけに、ちょっと親しみを覚えます。

IMG_3389.jpg IMG_3394.jpg
お庭もすばらしい~。
この向かい側が工事中で幕がかかっていたので、残念。
趣があって、行ってよかったです。

IMG_3398.jpg IMG_3400.jpg

これも豊臣秀頼寄進の400年前の神輿!
すごいなぁ・・。
歴史を感じますね。


ここで13時。
入り口にベンチがあったので、ここでおにぎりを食べました。

向かいに座った20代の若いカップルが、ちょっと険悪な感じ^^;
どうも、お昼を何も持ってきていなくて、彼女がおなかをすかしてすねていたようです。
持っていたお菓子をひたすら食べてた・・。
そして彼はというと、この神社の中を見たいといって、
彼女は、「拝観料いるなら行かない」と動かない。
拝観料はいらないんだけど・・結局彼だけ入ることもできず、
また二人で座って、彼が「どこかあったら食べに入ろう」となだめてました^^;

こんな山奥に来るなら、ちゃんと準備しとかななぁ・・。

IMG_3412.jpg
高城山の展望は、険しそうだったのであきらめてたから、
花矢倉の展望は近そうだったから行きました。

IMG_3408.jpg IMG_3413.jpg

すごーいっ!
絶景ですね。

・・見える町並みのところまで降りなきゃいけないのかと思うと、
ひぇ・・と思いましたが^^;

テーマ : 奈良
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

萩野 桂(はぎのけい)

Author:萩野 桂(はぎのけい)
京都在住。12月8日生 射手座 B型

亡き祖父である八木毅は、シェイクスピアの研究者で、英訳「アセンズのタイモン」他英訳本を出版。その傍ら、八木絵馬の名で俳句本も出版。そんな祖父の影響を受け、シェイクスピアに幼少より興味を抱く。また谷川俊太郎氏などの影響を受け、詩を書くようになる。
少しでも何かを感じて頂ければ嬉しく思います。

<出版>
新世研「ぼうけんだいすき」(絵本翻訳)
新風舎「たからのはこ」(詩集1編)
新風舎「ゆめのたね」(詩集2編)
新風舎「きみのかけら」(詩集3編)

<賞>
2006年文芸社 VA出版文化賞 ポエトリー部門特別賞
最近応募していませんが、また挑戦するため、ブログの一部を非表示にしています。

こちらもよろしくお願いします。
Facebookページ「萩野桂」
ツイッター「萩野桂」
pixta 写真販売中

なお、こちらにアップしている京都ページは、「京都散歩道」に移動しました。

ウェブマガジン「コスマグ」にも記事を書かせていただいています。
「kossmag おとながーるの京都暮らし&社寺さんぽ」

なお、当サイトに掲載されている個々の情報(文章・写真など)は、個人で楽しむ以外は無断で複写、複製、転載等、ご遠慮ください。 著作権はすべて、萩野桂(はぎのけい)にあります。

FC2カウンター
ブログランキング
ポチっとよろしくお願いします!

FC2Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
読書カレンダー本棚
Powered By ソーシャルライブラリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR