スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いただきます

手と手を合わせて
「いただきます」

幼い頃に教わったそれを
今どれだけの人が言っているだろうか

当たり前のように食べ物があって
当たり前のように食べている

決してそれは
お金があるからと
手に入るものではなく

たくさんの人の手を介して
ここにある

野菜を作っている農家のおばあちゃんや
朝早くから漁に出るおっちゃんや
鶏を飼育している兄ちゃんや
工場で詰めてるパートのおばちゃんや
会社をまとめている部長さんや
トラックで運ぶ運ちゃんや
スーパーの販売員のお姉さんや
美味しく料理をするお母さん

どの人が欠けても駄目なのだ
命を通じて命があり
そうして僕達みんなが生きている

野菜も魚も肉も
単なる名前でなく
その向こうのすべてに命があり
その命も
天の恵みで生かされている

日照りが続いても
雨が続いても
決して命は繋がらない

食べ物は
目の前にある前に命であり
そして
僕達はその命を食べている

すべての命と
天の恵みに感謝して

「いただきます」

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

萩野 桂(はぎのけい)

Author:萩野 桂(はぎのけい)
京都在住。12月8日生 射手座 B型

亡き祖父である八木毅は、シェイクスピアの研究者で、英訳「アセンズのタイモン」他英訳本を出版。その傍ら、八木絵馬の名で俳句本も出版。そんな祖父の影響を受け、シェイクスピアに幼少より興味を抱く。また谷川俊太郎氏などの影響を受け、詩を書くようになる。
少しでも何かを感じて頂ければ嬉しく思います。

<出版>
新世研「ぼうけんだいすき」(絵本翻訳)
新風舎「たからのはこ」(詩集1編)
新風舎「ゆめのたね」(詩集2編)
新風舎「きみのかけら」(詩集3編)

<賞>
2006年文芸社 VA出版文化賞 ポエトリー部門特別賞
最近応募していませんが、また挑戦するため、ブログの一部を非表示にしています。

こちらもよろしくお願いします。
Facebookページ「萩野桂」
ツイッター「萩野桂」
pixta 写真販売中

なお、こちらにアップしている京都ページは、「京都散歩道」に移動しました。

ウェブマガジン「コスマグ」にも記事を書かせていただいています。
「kossmag おとながーるの京都暮らし&社寺さんぽ」

なお、当サイトに掲載されている個々の情報(文章・写真など)は、個人で楽しむ以外は無断で複写、複製、転載等、ご遠慮ください。 著作権はすべて、萩野桂(はぎのけい)にあります。

FC2カウンター
ブログランキング
ポチっとよろしくお願いします!

FC2Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
読書カレンダー本棚
Powered By ソーシャルライブラリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。