スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非公開文化財特別公開 大徳寺③ 総見院 

IMG_1959.jpg
さて、最後です。
天正11年(1583)千利休の師にあたる古渓宗(こけいそう)陳(ちん)和尚を開祖として、豊臣秀吉が建立した織田信長の菩提寺です。

総見院には三つの茶室があります。「寿安席」は八畳の広間があり、大正の初め頃の山口玄洞(1863-1937)の建立。近年の作では、表千家の即中斎好みの「香雲軒(こうせつけん)」。そして、茶室「龐庵(ほうあん)」の三つ。


禅道場は龍翔寺に移されたが、それまで大徳寺管長の住まいであったため隠寮と呼ばれていたという。また、豊臣秀吉が催した「大徳寺大茶会」は、ここ総見院であったとされているそうです。


本堂の織田信長坐像(重文)は、信長の一周忌法要に合わせて作られたもの。運慶・湛慶の流れを汲む仏師・康清(やすきよ)の作とされ、眼光鋭い表情に衣冠帯刀の姿が印象的。


IMG_1961.jpg

中に入ると・・

IMG_1962.jpg

なんだろなーと思っていたら、
茶道具を祀っているところなのだそうです。

この正面の建物で、説明がありました。
総見院は明治維新の時、旧建物を壊して禅僧の修禅道場として一時期は禅堂もあったとか。
その名残が柱に残っています。本来の入り口は違うところで、
そこに、布団をしまったり、荷物を納めたりする収納だながあったそうな。
当時、禅僧たちは寝ているときも修行を行なっており、布団に丸まって寝ていたとか。
その様子が柏餅ににていることから、柏布団ともいわれているのだそう。


IMG_1964.jpg

長い廊下を歩いていくと・・。

IMG_1965.jpg

途中で、案内のお姉さんが、「猫、猫っ!」と叫ぶのでびっくりしたw
たまにいるのだそう。
ちなみにこの向こう側が、千利休のお墓があるんですって!

IMG_1970.jpg

茶室「寿安席」

IMG_1972.jpg

襖に豊臣家の家紋「五七桐」が描かれてます。

IMG_1973.jpg

ぶれてしまった・・。

IMG_1976.jpg

茶室「龐庵」

IMG_1980.jpg

先ほどの廊下。
「これ、なんだと思います?」と聞かれて・・「ん?」

IMG_1978.jpg

天井に、よく見れば、輿(こし)があります。
この輿は、信長の葬儀の際に信長の木像を載せるために使われたもので、使われたのはその1度だけ。
その後どこにおいていいのか悩んだ末にこの廊下の上に飾ることにしたとのこと。

IMG_1981.jpg IMG_1982.jpg


茶室「香雲軒」
NHKのお茶講座でも使われているのだそう。結構広いです。

IMG_1983.jpg

外側も素敵ですね。

IMG_1986.jpg IMG_1984.jpg


掘り抜き井戸
加藤清正が朝鮮から持ち帰った朝鮮石をくりぬいて井筒にしたもので、13mもあるんだとか・・。

IMG_1988.jpg


秀吉遺愛の「胡蝶侘助椿(こちょうわびすけつばき)」。
樹齢400年と言われ、日本最古。枝に、紅白の花をつけるため、茶人の切り花に重用されたそうです。

IMG_1991.jpg


信長の葬儀が執り行われた地であるので、境内には信長ほか一族の墓が並びます。

左から、秀雄(信雄嫡男)・信雄(信長二男)・信長公・信忠(信長嫡男)・秀勝(信長四男)・信高(信長七男)・信好(信長十男)

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

萩野 桂(はぎのけい)

Author:萩野 桂(はぎのけい)
京都在住。12月8日生 射手座 B型

亡き祖父である八木毅は、シェイクスピアの研究者で、英訳「アセンズのタイモン」他英訳本を出版。その傍ら、八木絵馬の名で俳句本も出版。そんな祖父の影響を受け、シェイクスピアに幼少より興味を抱く。また谷川俊太郎氏などの影響を受け、詩を書くようになる。
少しでも何かを感じて頂ければ嬉しく思います。

<出版>
新世研「ぼうけんだいすき」(絵本翻訳)
新風舎「たからのはこ」(詩集1編)
新風舎「ゆめのたね」(詩集2編)
新風舎「きみのかけら」(詩集3編)

<賞>
2006年文芸社 VA出版文化賞 ポエトリー部門特別賞
最近応募していませんが、また挑戦するため、ブログの一部を非表示にしています。

こちらもよろしくお願いします。
Facebookページ「萩野桂」
ツイッター「萩野桂」
pixta 写真販売中

なお、こちらにアップしている京都ページは、「京都散歩道」に移動しました。

ウェブマガジン「コスマグ」にも記事を書かせていただいています。
「kossmag おとながーるの京都暮らし&社寺さんぽ」

なお、当サイトに掲載されている個々の情報(文章・写真など)は、個人で楽しむ以外は無断で複写、複製、転載等、ご遠慮ください。 著作権はすべて、萩野桂(はぎのけい)にあります。

FC2カウンター
ブログランキング
ポチっとよろしくお願いします!

FC2Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
読書カレンダー本棚
Powered By ソーシャルライブラリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。