ゲキシネ「蜉蝣峠」、カフェ

ゲキシネは、
最初ちょっとわけわかんなかった。

なぜか、 堤真一さんは、着ぐるみやし^^;
でも着物姿の侍はめちゃかっこよかった。
ドラマ「ヤマトナデシコ」の時は、それほど好きじゃなかったけど、
こういう役はかっこいいなぁ。

内容的には、下ネタ多いし、ちょっと好きじゃない。

でも、高岡早紀はきれいやったーw
勝地 涼くんは、えーキャラ
女性の格好もすごい似合う~、うつくしー。

木村 了くんも女性の格好していたけど似合うー!
二人のからみがまたよいです

もちろん古田新太さんも、最初おばかな役どころだったけど、
過去を探していくところとか好きだったな。

これでゲキシネ全6作品上映、全部見れたっ。
いやぁー、長かった。

メタルマクベスだけ見れてない。
秋に蛮幽鬼もあるだろうけどね。


劇団新幹線の舞台を一通り見て、
やっぱ一番好きだったのが、「薔薇とサムライ」。
もっかい見たいなぁ。
ゲキシネでは「五右衛門ロック」と「SHIROH」かな。
「アオドクロ」も結構好き。

これだけいっぱい見れて、今年は幸せだーっ。


IMG_9596.jpg


このあと、劇場横のカフェへ。
店内はジブリモードw
そして、最初お客さん二人いたけど、帰ったので貸切!
紅茶を注文したら、ちゃんと葉も抜いてあるし、ポットだし、3杯分たっぷり。350円はうれしい。
すごいゆっくりしちゃいました。

テーマ : 最近観た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

萩野 桂(はぎのけい)

Author:萩野 桂(はぎのけい)
京都在住。12月8日生 射手座 B型

亡き祖父である八木毅は、シェイクスピアの研究者で、英訳「アセンズのタイモン」他英訳本を出版。その傍ら、八木絵馬の名で俳句本も出版。そんな祖父の影響を受け、シェイクスピアに幼少より興味を抱く。また谷川俊太郎氏などの影響を受け、詩を書くようになる。
少しでも何かを感じて頂ければ嬉しく思います。

<出版>
新世研「ぼうけんだいすき」(絵本翻訳)
新風舎「たからのはこ」(詩集1編)
新風舎「ゆめのたね」(詩集2編)
新風舎「きみのかけら」(詩集3編)

<賞>
2006年文芸社 VA出版文化賞 ポエトリー部門特別賞
最近応募していませんが、また挑戦するため、ブログの一部を非表示にしています。

こちらもよろしくお願いします。
Facebookページ「萩野桂」
ツイッター「萩野桂」
pixta 写真販売中

なお、こちらにアップしている京都ページは、「京都散歩道」に移動しました。

ウェブマガジン「コスマグ」にも記事を書かせていただいています。
「kossmag おとながーるの京都暮らし&社寺さんぽ」

なお、当サイトに掲載されている個々の情報(文章・写真など)は、個人で楽しむ以外は無断で複写、複製、転載等、ご遠慮ください。 著作権はすべて、萩野桂(はぎのけい)にあります。

FC2カウンター
ブログランキング
ポチっとよろしくお願いします!

FC2Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
読書カレンダー本棚
Powered By ソーシャルライブラリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR