スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごこうのお茶飲み比べ

今日は、ごこう(品種)のお茶を飲み比べしました。
歴史講座の先生である、もちやさまが、
ブログ「京のにちじょうさはん あさひ」にて、ごこうの玉露について、
「絹がまとわりつくような味」と素敵な表現されていたので、
どーしてもそれを実感したくてw

IMG_8942.jpg 

それとはまた違いますが、かねまたさんの西川ごこう(煎茶)。100g@4000です。
先日の歴史講座でお土産に少し頂いたものです。

80℃くらいに湯冷ましして、2分じっくりと待って淹れました。

口に含むと、


(ノ´▽`)ノオオオオッ♪


確かに絹がまとわりつくような感じがしますw
ふわりとやさしく包み込むようなそんな味。

なるほどなるほど。

そして、私なりの解釈を・・。
玉露でも荒茶でも新茶でもないので、また違うんでしょうね~。
どちらかといえば、少女が白いスカートで野原を駆け巡るような・・そんなイメージ。

ってことで、はいできました。
次の記事で詩をアップしますw

 IMG_8943.jpg

そして、こちらもごこうです。和束で購入したものですね。
比べてみると、水色がやはり違う。
左は透明感がありますが、右は少し濃いめの黄緑。
宇治茶にしては、濃い感じが気に入って買ったもの。

ただ・・いろんな方が「マヨネーズの味がする」といっていたので、
どうもその味にしか思えなくなってしまいました^^;

わーん、ごめんなさいっ。
でも、マヨネーズも好きです

ただ、マヨネーズが頭をめぐって・・。
とても詩になりませんでした・・あはは・・


それにしても同じごこうでも、生産者によってこんなに味が変わるんですね~。
改めてお茶って奥深いっ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

萩野 桂(はぎのけい)

Author:萩野 桂(はぎのけい)
京都在住。12月8日生 射手座 B型

亡き祖父である八木毅は、シェイクスピアの研究者で、英訳「アセンズのタイモン」他英訳本を出版。その傍ら、八木絵馬の名で俳句本も出版。そんな祖父の影響を受け、シェイクスピアに幼少より興味を抱く。また谷川俊太郎氏などの影響を受け、詩を書くようになる。
少しでも何かを感じて頂ければ嬉しく思います。

<出版>
新世研「ぼうけんだいすき」(絵本翻訳)
新風舎「たからのはこ」(詩集1編)
新風舎「ゆめのたね」(詩集2編)
新風舎「きみのかけら」(詩集3編)

<賞>
2006年文芸社 VA出版文化賞 ポエトリー部門特別賞
最近応募していませんが、また挑戦するため、ブログの一部を非表示にしています。

こちらもよろしくお願いします。
Facebookページ「萩野桂」
ツイッター「萩野桂」
pixta 写真販売中

なお、こちらにアップしている京都ページは、「京都散歩道」に移動しました。

ウェブマガジン「コスマグ」にも記事を書かせていただいています。
「kossmag おとながーるの京都暮らし&社寺さんぽ」

なお、当サイトに掲載されている個々の情報(文章・写真など)は、個人で楽しむ以外は無断で複写、複製、転載等、ご遠慮ください。 著作権はすべて、萩野桂(はぎのけい)にあります。

FC2カウンター
ブログランキング
ポチっとよろしくお願いします!

FC2Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
読書カレンダー本棚
Powered By ソーシャルライブラリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。