スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうもろこし、初調理!

IMG_4718.jpg

先日、会社で静岡産のとうもろこしをもらいました。
今人気が出ている、生でも食べれるとうもろこしだそう。
でも、さすがに日にちが立っているので、調理しました。

そういえば・・とうもろこし調理したことないんですよねー
とりあえず皮をめくってみる。

IMG_4719.jpg

めくってもめくっても、なかなか実が見えてこなくて、びっくりしました。
ようやく実が見えてくると・・おー、すごくきれいっ
なんでしょう、なんかすごく感動しました!
一から作って、畑から収穫して、いざ頂くときってこんな気分なんでしょうか。
とうもろこしがすごく愛らしく思えましたw


そして・・しょうゆと砂糖でタレを作って味見するも、なんか違う・・。

「少し煮詰めなあかんよー」
母からつっこみが。

そうか、煮詰めるのか (笑)
ちょっと煮詰めたら、しょうゆの香ばしいにおいがしてきました。
少し辛い気もするけどいいのかなぁ・・と不安にも思いつつ、いっかーと。


で、タレをつけて焼こうとしたんだけど・・あれ?
そういえば、このままじゃいかんよなぁ。

・・茹でるの忘れてました。

慌てて、お湯を沸かして茹でて・・。

タレを何度もつけながら、少しづつ焼いて行きました。

IMG_4725.jpg

そしてようやく完成っ
食べると・・うま~い
とうもろこしが甘いから、少々辛くても大丈夫なのですね。
それに、やっぱとうもろこしがおいしい!
全然違いました

やはり、旬のものを旬のときにおいしく味わう、これが一番ですね!
最近お店いっても、季節関係なく置いてあるから、旬がわからなくなってくるんですよね・・。
本当に残念です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

萩野 桂(はぎのけい)

Author:萩野 桂(はぎのけい)
京都在住。12月8日生 射手座 B型

亡き祖父である八木毅は、シェイクスピアの研究者で、英訳「アセンズのタイモン」他英訳本を出版。その傍ら、八木絵馬の名で俳句本も出版。そんな祖父の影響を受け、シェイクスピアに幼少より興味を抱く。また谷川俊太郎氏などの影響を受け、詩を書くようになる。
少しでも何かを感じて頂ければ嬉しく思います。

<出版>
新世研「ぼうけんだいすき」(絵本翻訳)
新風舎「たからのはこ」(詩集1編)
新風舎「ゆめのたね」(詩集2編)
新風舎「きみのかけら」(詩集3編)

<賞>
2006年文芸社 VA出版文化賞 ポエトリー部門特別賞
最近応募していませんが、また挑戦するため、ブログの一部を非表示にしています。

こちらもよろしくお願いします。
Facebookページ「萩野桂」
ツイッター「萩野桂」
pixta 写真販売中

なお、こちらにアップしている京都ページは、「京都散歩道」に移動しました。

ウェブマガジン「コスマグ」にも記事を書かせていただいています。
「kossmag おとながーるの京都暮らし&社寺さんぽ」

なお、当サイトに掲載されている個々の情報(文章・写真など)は、個人で楽しむ以外は無断で複写、複製、転載等、ご遠慮ください。 著作権はすべて、萩野桂(はぎのけい)にあります。

FC2カウンター
ブログランキング
ポチっとよろしくお願いします!

FC2Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
読書カレンダー本棚
Powered By ソーシャルライブラリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。