スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時代祭り

時代祭-02 時代祭-03
(撮影:1994年10月22日)
★デジカメではなくフィルムをスキャンしたので、画質はとても悪いですが・・。
雰囲気だけでも伝わればいいなぁと思います。


祇園祭、葵祭とともに京都三大祭の一つに数えられています。
時代祭りは、毎年、10月22日に行われます。
この日は「鞍馬の火祭り」もあり、京都の町はとても賑わいます。
残念ながら、まだ鞍馬の火祭りは行った事がないのですが・・。


1895年(明治28年)、平安遷都1100年を記念して平安神宮が創建されました。
その時、平安神宮の大祭、建造物、神苑の保存のため、市民により平安講社が組織され、記念事業として時代祭が始まりました。
祭が行われる10月22日は、桓武天皇が794年(延暦13)に長岡京から平安京に都を移された日。

 この祭の特色は、神幸祭、行在所祭、還幸祭の神儀のほか、時代風俗行列が行われることです。明治維新から延暦時代へさかのぼって、順次風俗、文物の変遷を再現します。現在は18列、2000人に達し行列の長さは2キロに及びます。山国勤王隊を先頭に、正午、京都御所建礼門前を出発、烏丸通、御池通、河原町通、三条通から平安神宮まで4.5キロ間に一大時代絵巻を展開します。


時代祭-04 時代祭-05 時代祭-07
真ん中は、和気清麻呂と書かれています。右は、維新勤王隊。
時代祭りは、てっきり昔から現代へ順番に行列をなすのだと思っていたら、
時代はバラバラでした・・。
向こう側の道路は、普通に車が走っているのがちょっと残念ですね・・。

時代祭-08 時代祭-10 時代祭-14
真ん中は、坂本龍馬、右が吉田松陰です。
こういう歴史上で有名な人たちが来ると、なんかテンションが上がります。
みなさんなりきっているのがいいですね~。

時代祭-16 時代祭-18 時代祭-19
左は江戸時代と書かれています。

時代祭-20 時代祭-21 時代祭-22
左は織田信長、右は和宮様です。
この頃は和宮様って聞いても誰?と思っていましたが・・。
前の大河ドラマ「篤姫」にも出てきますね。
京都御所にも史跡があります。

時代祭-23 時代祭-24 時代祭-26
続いて安土桃山時代。
淀姫、巴御前です。
女性が鎧を着て、馬に乗る姿は、かっこいいです!

時代祭-28 時代祭-29 時代祭-30
左は静御前。

この一、二年後くらいにも見に行ったのですが、
その時はあまりの人で見えなかったですね・・。
写真も撮ったはずなので探したけど、見つからなかった
でも、このときが一番よく見えたなぁと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

萩野 桂(はぎのけい)

Author:萩野 桂(はぎのけい)
京都在住。12月8日生 射手座 B型

亡き祖父である八木毅は、シェイクスピアの研究者で、英訳「アセンズのタイモン」他英訳本を出版。その傍ら、八木絵馬の名で俳句本も出版。そんな祖父の影響を受け、シェイクスピアに幼少より興味を抱く。また谷川俊太郎氏などの影響を受け、詩を書くようになる。
少しでも何かを感じて頂ければ嬉しく思います。

<出版>
新世研「ぼうけんだいすき」(絵本翻訳)
新風舎「たからのはこ」(詩集1編)
新風舎「ゆめのたね」(詩集2編)
新風舎「きみのかけら」(詩集3編)

<賞>
2006年文芸社 VA出版文化賞 ポエトリー部門特別賞
最近応募していませんが、また挑戦するため、ブログの一部を非表示にしています。

こちらもよろしくお願いします。
Facebookページ「萩野桂」
ツイッター「萩野桂」
pixta 写真販売中

なお、こちらにアップしている京都ページは、「京都散歩道」に移動しました。

ウェブマガジン「コスマグ」にも記事を書かせていただいています。
「kossmag おとながーるの京都暮らし&社寺さんぽ」

なお、当サイトに掲載されている個々の情報(文章・写真など)は、個人で楽しむ以外は無断で複写、複製、転載等、ご遠慮ください。 著作権はすべて、萩野桂(はぎのけい)にあります。

FC2カウンター
ブログランキング
ポチっとよろしくお願いします!

FC2Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
読書カレンダー本棚
Powered By ソーシャルライブラリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。