スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫織庵

44428137_185.jpg  655125860_34.jpg

先日、新町六角あがったところにある、紫織庵にいってきました。
京都市指定有形文化財及び京都府医学史研究会跡に指定されています。
江戸後期に建てられ、大正にモダンな洋間を加えて新築したもの。
茶室も趣があってよかったです。(撮影禁止区域でした・・)

655136179_203.jpg

中に入ると、まず飛び込んでくるのが、1階の洋間です。
待合室にもなっています。

655135300_118.jpg  655135300_160.jpg  655135300_56.jpg

2階のお部屋も素敵です。こちらはサロンになっています。
右は床の模様。おしゃれですね!

655127166_207.jpg

1階には、東山三十六峰をモチーフにした竹内栖凰の欄間もあったり、
中庭も建築当時のままだとか。
祇園祭仕様に、屏風や着物も展示され、素敵~っ。
(残念ながら、屏風や着物も写真禁止です)

ガラス戸は、とてもめずらしいもので、
建築当時の「波打ちガラス」で一枚も破損していない貴重なものだそう。

44428137_68.jpg  655126474_138.jpg  655126474_240.jpg

ちょうど祇園祭のための化粧直しで、前日に庭師が入ったとかで、
この日が一番きれいといわれ、ラッキーw

波打ちガラスは、反射しないのですね。
遠くから写真を撮っても、きれいに写るのでびっくりしていたら、スタッフさんも気づかなかったーと驚かれました。

655127166_108.jpg

2階には、祇園祭の巡行を見るための鉾見台もあります。
ここから見たら迫力あるでしょうね・・。

655133238_56.jpg  655133238_206.jpg  655133238_132.jpg

私がつい見てしまうのが照明。
各部屋いろんな凝った照明があって、これまたよかったです。
左のは松竹梅が描かれています。

655134970_61.jpg

この写真は、1階の蔵の入口で、
重い扉のため、すべらせて閉める事ができるようになっているんだとか。
桜の木で作られているそう。
実際動かしてくれて、なんか感動っ。

44428137_93.jpg

夏には涼しくすごせるように、風が通るようなつくりになっています。

655136179_62.jpg  655136179_42.jpg

また、妙な形のがあちこちに見られるなぁと思っていたら、
2階に展示してあった分胴と同じ形でした。
どうもここの家紋みたいになっているのかな。
扉や壁のあちこちにありました。
(写真、見にくてすみません・・)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

萩野 桂(はぎのけい)

Author:萩野 桂(はぎのけい)
京都在住。12月8日生 射手座 B型

亡き祖父である八木毅は、シェイクスピアの研究者で、英訳「アセンズのタイモン」他英訳本を出版。その傍ら、八木絵馬の名で俳句本も出版。そんな祖父の影響を受け、シェイクスピアに幼少より興味を抱く。また谷川俊太郎氏などの影響を受け、詩を書くようになる。
少しでも何かを感じて頂ければ嬉しく思います。

<出版>
新世研「ぼうけんだいすき」(絵本翻訳)
新風舎「たからのはこ」(詩集1編)
新風舎「ゆめのたね」(詩集2編)
新風舎「きみのかけら」(詩集3編)

<賞>
2006年文芸社 VA出版文化賞 ポエトリー部門特別賞
最近応募していませんが、また挑戦するため、ブログの一部を非表示にしています。

こちらもよろしくお願いします。
Facebookページ「萩野桂」
ツイッター「萩野桂」
pixta 写真販売中

なお、こちらにアップしている京都ページは、「京都散歩道」に移動しました。

ウェブマガジン「コスマグ」にも記事を書かせていただいています。
「kossmag おとながーるの京都暮らし&社寺さんぽ」

なお、当サイトに掲載されている個々の情報(文章・写真など)は、個人で楽しむ以外は無断で複写、複製、転載等、ご遠慮ください。 著作権はすべて、萩野桂(はぎのけい)にあります。

FC2カウンター
ブログランキング
ポチっとよろしくお願いします!

FC2Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
読書カレンダー本棚
Powered By ソーシャルライブラリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。