龍馬の妻お龍さんの実家「楢崎家」

IMG_5289.jpg

三条柳馬場下がったところに、龍馬の妻お龍さんの実家「楢崎家」がありました。

「京都龍馬会」設立15周年を記念し、龍馬ゆかりの地にひかりを当て石碑を建てていこうと企画し、
第一号として、去年10月5日に石碑を建てました。
龍馬の誕生日と命日にあやかって11時15分にお披露目されました。

見に行かなきゃーと思いながら、先日も前を通っているにも関わらず、気づかずにスルーしていて、ようやくみることができました!

お龍さんは、青蓮院宮に仕える内・外科医楢崎将作の長女。
天保12年に富小路六角付近で生まれ、この地に越してきたのだそう。

案内板に書かれている歴史地理研究者中村武生先生は、霊山歴史館の先生でもあり、
私は霊山の会員にもなっており、何度か講義を受けたことがありました。
すごくおもしろくてわかりやすい先生です!
今は歴史にも興味がありますが、学生の時は実は社会が苦手だった私。
こんな先生が歴史の先生なら、当時からもっと興味を持てたかもしれないのになーと今更ながらに思います。

講義では、「石碑を建てよう」とよく言っていたので、なんだかうれしくなりましたw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

萩野 桂(はぎのけい)

Author:萩野 桂(はぎのけい)
京都在住。12月8日生 射手座 B型

亡き祖父である八木毅は、シェイクスピアの研究者で、英訳「アセンズのタイモン」他英訳本を出版。その傍ら、八木絵馬の名で俳句本も出版。そんな祖父の影響を受け、シェイクスピアに幼少より興味を抱く。また谷川俊太郎氏などの影響を受け、詩を書くようになる。
少しでも何かを感じて頂ければ嬉しく思います。

<出版>
新世研「ぼうけんだいすき」(絵本翻訳)
新風舎「たからのはこ」(詩集1編)
新風舎「ゆめのたね」(詩集2編)
新風舎「きみのかけら」(詩集3編)

<賞>
2006年文芸社 VA出版文化賞 ポエトリー部門特別賞
最近応募していませんが、また挑戦するため、ブログの一部を非表示にしています。

こちらもよろしくお願いします。
Facebookページ「萩野桂」
ツイッター「萩野桂」
pixta 写真販売中

なお、こちらにアップしている京都ページは、「京都散歩道」に移動しました。

ウェブマガジン「コスマグ」にも記事を書かせていただいています。
「kossmag おとながーるの京都暮らし&社寺さんぽ」

なお、当サイトに掲載されている個々の情報(文章・写真など)は、個人で楽しむ以外は無断で複写、複製、転載等、ご遠慮ください。 著作権はすべて、萩野桂(はぎのけい)にあります。

FC2カウンター
ブログランキング
ポチっとよろしくお願いします!

FC2Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
読書カレンダー本棚
Powered By ソーシャルライブラリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR