スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清水寺 その2

IMG_3017.jpg  IMG_3018.jpg
(撮影:2009.3.27)
先心洞。
たぶん・・通常は入れないところだと思いますが・・。
今年3月に、知り合いが清水寺で貸切JAZZコンサートをしまして、
それを見に行った時に、待合&お食事するスペースとして、通されました。
仁王門に入る手前を左奥にいったところです。
この部屋は広い畳のスペースですが、奥に行くと、椅子と机がたくさんある部屋になっていました。
観音様とか、龍の屏風などがあり、・・素敵でした!

IMG_2188.jpg
(撮影:左 2008.3.8)

三重塔も重要文化財。
日本最大級の三重塔で高さ31メートル弱あります。

IMG_3035.jpg  1120917853_229.jpg  1120917853_181.jpg
(撮影:2009.3.27)

経堂も重要文化財。
こちらも特別公開以外では入れない場所です。
写真もダメなのですが・・JAZZコンサートの時にOKでしたw
こちらで、住職さんの法話もありました。
天井には大きな龍の絵があり、釈迦三尊像が祀られています。

ちなみにJAZZコンサートは、
細川綾子さんのボーカルと、青木弘武さんのピアノなどで構成されており、
まずは、奉納のために、祀られている方角を向いての演奏と歌。
ルイ アームストロング 「この素晴らしき世界」。
それから、「On the Sunny Side of the Street」
「はまべの歌」「テネシーワルツ」「大阪ベイブルース」と知っている曲が続きましたw
最後の歌は、知らなかったけど、
「someone なんとか」って歌で、失恋ソングだそう。
なんとなく英語も意味が分かるところがあって、
朝起きても心の痛手は消えない、でも自分らしく歩いていこう、みたいな前向きな歌詞なのがよかったです!
こういう場所で、JAZZというのもおもしろいですね。

ちなみに今日は、特別公開ということで、
中川光年(善子)花びら染展というのをやっていました。

また、開山堂も公開していて、坂上田村麻呂と貴族命婦姿の三善高子夫人の坐像2体と、清水寺御開基の行叡居士、御開山の延鎮上人が安置されていました。

清水寺の御本尊、十一面千手観音像は御開帳が今月末までなので、こちらも見てきました。
これを逃すと、次は・・25年後という。
本来は33年ごとに御開帳される秘仏ですが、2000年の御開帳から8年後に特別に公開されることになったとか。

御本尊の観音様は清水の舞台のある本堂の中におられるので、本尊拝観料100円を払って堂内へと入っていきます。
薄暗い道内にはたくさんのローソクが灯され幻想的な雰囲気です。
脇に控える28部衆も立派です。
これが100円とは・・びっくりでした。 (六角堂が1000円だっただけに)

IMG_4286_20090524200809.jpg  IMG_4253_20090524200806.jpg  IMG_2192.jpg

本堂と舞台。こちらは国宝です。

弁慶が使っていたとされる1足12Kgもの鉄の下駄と鉄の錫杖(しゃくじょう)があります。
今知ったけど、浅倉堂の近くに、弁慶の足跡もあるとか。
うわー、知らなかった!
清水寺は、私の中で1,2位を争うほど、何度も行っているところだってのに。
まだまだ、見ているようで見ていないものですね・・。

大黒天像もあります。今日行ったら、網がかかってました

IMG_4283_20090524200808.jpg  IMG_4282_20090524200808.jpg

濡れ手観音
北隣の蓮華水盤で柄杓に水をくみ、肩からかけて、自分自身の心身の清めと諸願成就を祈願します。

IMG_4284_20090524200809.jpg

ふれ愛観音。
佛様に手を触れてお参りください、と書いてあります。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

萩野 桂(はぎのけい)

Author:萩野 桂(はぎのけい)
京都在住。12月8日生 射手座 B型

亡き祖父である八木毅は、シェイクスピアの研究者で、英訳「アセンズのタイモン」他英訳本を出版。その傍ら、八木絵馬の名で俳句本も出版。そんな祖父の影響を受け、シェイクスピアに幼少より興味を抱く。また谷川俊太郎氏などの影響を受け、詩を書くようになる。
少しでも何かを感じて頂ければ嬉しく思います。

<出版>
新世研「ぼうけんだいすき」(絵本翻訳)
新風舎「たからのはこ」(詩集1編)
新風舎「ゆめのたね」(詩集2編)
新風舎「きみのかけら」(詩集3編)

<賞>
2006年文芸社 VA出版文化賞 ポエトリー部門特別賞
最近応募していませんが、また挑戦するため、ブログの一部を非表示にしています。

こちらもよろしくお願いします。
Facebookページ「萩野桂」
ツイッター「萩野桂」
pixta 写真販売中

なお、こちらにアップしている京都ページは、「京都散歩道」に移動しました。

ウェブマガジン「コスマグ」にも記事を書かせていただいています。
「kossmag おとながーるの京都暮らし&社寺さんぽ」

なお、当サイトに掲載されている個々の情報(文章・写真など)は、個人で楽しむ以外は無断で複写、複製、転載等、ご遠慮ください。 著作権はすべて、萩野桂(はぎのけい)にあります。

FC2カウンター
ブログランキング
ポチっとよろしくお願いします!

FC2Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
読書カレンダー本棚
Powered By ソーシャルライブラリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。