スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抜け殻

今までのことすべて
海に流してしまいたい





好きと嫌いの狭間で
ぼくの心は揺れている

どちらに傾くか
それは君次第




ほらね
一瞬で壊れた
人の心なんて脆いもの





こころとこころのあいだ
スースーと
すきま風が通り抜ける
そこだけからっぽ
こころの中身だけ
脱皮してどこかへいっちゃったみたい

あるのは抜け殻
あなたを見ても
もう何もときめかないなんて
笑っちゃうね




君と交わした言葉
君と触れた指先
一夜限りの甘い誘惑

ほら 月が笑ってるよ
淫らな腰つきと嘘臭い演技に





遮断された壁の向こうにも
孤独な街がある
息を潜めて 何も求めず
ただ ひっそりと

それでも戦は絶えない
うめき声 流れる赤い血
すでに乾いてしまった涙

何処へ行くのだろう
何処へ行けばいいのだろう
これ以上失うものはないというのに
神は僕から
何を奪おうというのか





とべないてんし
つばさはおれてしまった
もうそらにはもどれない

きっとてんしはしっていたんだ
だからさいごのなみだをながした
それはあまりにうつくしくて
ほしになった





僕のために目を開いて
僕を見つめて
僕に話しかけて
僕を抱きしめて
僕にキスして





言葉をなくした
僕の天使
わかるよ
そこにいるんだね?




愛を欲した
飢えと乾きを潤すために
寂しさと悲しみを紛らわすために
君の小さな背中に手を回して
・・・抱いた
涙を押し殺して
ただひたすらに君を愛した




猫のようなまなざしで
君は甘えてくる
僕は君の髪をかき上げて
その白いうなじに口づける
この時間だけは二人だけのもの
誰にも壊すことなんてできない
二人に許された
一時の夢




きみのためなんてうそだよ
すべてはぼくじしんのため




幾ばくの時が過ぎ
君との日々も思い出となった
誰のせいでもない
ただ逃げたかった
僕には未来を見ることはできなかった
きっとこの先もずっと
僕は忘れないよ
君のこと
いつまでも胸に刻んでいるよ





へんてこな迷路
行き止まりはなくゴールもない
ただくねくね でこぼこ
わけもわからず
ただ先へ行くだけ
そこにあるのは天か地か
それとも無か

テーマ :
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

萩野 桂(はぎのけい)

Author:萩野 桂(はぎのけい)
京都在住。12月8日生 射手座 B型

亡き祖父である八木毅は、シェイクスピアの研究者で、英訳「アセンズのタイモン」他英訳本を出版。その傍ら、八木絵馬の名で俳句本も出版。そんな祖父の影響を受け、シェイクスピアに幼少より興味を抱く。また谷川俊太郎氏などの影響を受け、詩を書くようになる。
少しでも何かを感じて頂ければ嬉しく思います。

<出版>
新世研「ぼうけんだいすき」(絵本翻訳)
新風舎「たからのはこ」(詩集1編)
新風舎「ゆめのたね」(詩集2編)
新風舎「きみのかけら」(詩集3編)

<賞>
2006年文芸社 VA出版文化賞 ポエトリー部門特別賞
最近応募していませんが、また挑戦するため、ブログの一部を非表示にしています。

こちらもよろしくお願いします。
Facebookページ「萩野桂」
ツイッター「萩野桂」
pixta 写真販売中

なお、こちらにアップしている京都ページは、「京都散歩道」に移動しました。

ウェブマガジン「コスマグ」にも記事を書かせていただいています。
「kossmag おとながーるの京都暮らし&社寺さんぽ」

なお、当サイトに掲載されている個々の情報(文章・写真など)は、個人で楽しむ以外は無断で複写、複製、転載等、ご遠慮ください。 著作権はすべて、萩野桂(はぎのけい)にあります。

FC2カウンター
ブログランキング
ポチっとよろしくお願いします!

FC2Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
読書カレンダー本棚
Powered By ソーシャルライブラリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。