スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュリアス・シーザー  一場

祖父がシェイクスピアの作品で初めて読んだと思われる、「ジュリアス・シーザー」を、
福田恒存さんの翻訳を参考にしつつ、自分なりに意訳してみる。
これが前からずっとやりたかったこと。
シェイクスピアの全集は前に買っていて、原文から訳者全部あるというすぐれもの。
読んでいないのもたくさんあるので、読みたいけど、PC用ソフトなのでつい忘れてしまいます。
この本もまだ読んでなかったからちょうどよかった。

意訳ってのは、結構おもしろくて、昔から好きだったりする。だって、文法とか関係ないもんw
でも単語が難しい。文法も今のと違うし・・。5時間くらいかかって、やっと一場のみできた。
訳だけみるのとは全然違うなぁ。
昔から何度も読み返していた「ハムレット」や「ロミオとジュリエット」「真夏の夜の夢」も比較しながら読んでみたい。・・いつになるやら^^;


「ジュリアスシーザーの悲劇」

一場

フレイヴィアス 
そこで何している、家に帰れ。何もしないなら帰れ。今日は休みか?そうじゃないだろ。仕事着も着ないで、出勤日に仕事もしないでいるとはどういうことだ。芸術家気取か?

大工
 なぜかって?そりゃ、あっしは大工だからよ

マララス
 それなら、皮かばんと物差しはどうしたんだ? なぜそんないい服を着てる? おい、お前、お前の職業はなんだ?

靴屋
 正直いうと、一人前とはいえねぇ、しがない靴屋でして。

マララス
 だから、その仕事とはなんだ?はっきりいってみろ

靴屋
 へぇ、何も咎めるようなことはしておりません。ただ傷んだ底を修理しているんで。

マララス
 だからなんだというんだ、このごろつきめが!

靴屋
 いえ、どうか気をお鎮めください。もうこれ以上あっしと一緒にいない方がいい。でもまだいるなら、あなたを直してさしあげます。

マララス
 それはどういう意味だ、私を直すとは。いかがわしいやつだな。

靴屋 
 なぜって、その底を直すんですよ

フレイヴィアス 
 では、靴修理をするというのだな?

靴屋 
 その通りです。あっしは、せんまいどうしだけがすべてなんです。それで小売商や女どもにちゃちゃいれようなんざ思ってもいません。古靴の医者ってんで、これ以上だめだって時に、あっしの出番。誰もが、あっしの手作業で丁寧に直した皮靴を待ってるんですわ。

フレイヴィアス
 ではなぜ店を空けて、道を大勢で歩いているのだ

靴屋
 それは、靴をはいて、底を減らすためで。実は、ローマ皇帝(シーザー)に会って、彼の勝利を祝うため、閉めてるんですわ。

マララス
 喜ぶ理由は? 何かいい話でもあるのか? 人質でも連れてくるのか?このローマに。戦車を着飾って?この石頭の石ころめ、いやそれ以下だ。冷たいやつだ、残酷やろうども。ボンペイを忘れたのか?何度も何度も壁によじのぼって、戦って、塔や窓、屋根上にまでよじのぼって。お前たちは子供を抱いて、忍耐強く待ち続け、なんと長い日だったことか。偉大なる将軍ボンペイがローマの町を通り過ぎるのを見ようとして、彼の戦車が見え、皆が一斉に歓声をあげて、テベレ川も土手の下で震えていたではないか。お前たちの声がこだまして。それでもお前たちはいい服を着るというのか?休もうというのか? 彼の通り道に花をまくとでもいうのか? ボンペイの息子たちを犠牲にして勝利したやつらのために? さぁ、さっさと帰れ。膝まづいて、災いがおさまるように神に祈れ。そうしなければ、お前らは恩知らずだ

フレイヴィアス
 さあ、行け、お前たち。このあやまちに、お前らの貧しい仲間たちを集め、テベレ川の土手へ連れて行き、涙を流すがいい。一番低い岸がすべての高い岸に届くまでな。

(市民たち去る)

さて、下賤なやつらもいなくなったことだ。あいつらも自分たちの罪に気づいたようだ。君は議事堂へ向かってくれないか。私はこの道を行こう。もし君がシーザーの飾られているのを見たら、ひっぺがえしてやれ。

マララス
 そこまでしていいのか? 仮にもルペルカーリア祭だぞ。

フレイヴィアス
 構うものか。シーザーの勲章なんかくそくらえだ。私がそうしている時に、野次馬が集まっても追い払ってやる。お前も頼むぞ。見つけたら、シーザーの翼からその羽根をもぎとってしまえば、普通には飛べなくなるだろう。さもなくば、あの男、さらに頭上を舞い、私たちを恐怖のどん底に陥れるだろう。

スポンサーサイト

テーマ : 海外小説・翻訳本
ジャンル : 小説・文学

祖父のこと6

とまぁ・・何でこんなことをしていたかというと。
英会話を習っているものの、思ったようにできないので、久々に英文を訳しながら読んでみようかと。
どうせなら、祖父がしたことをまねてみようかなーと思ったわけでw
シェイクスピアでは、どうやらジュリアスシーザーを最初に読んでいるっぽい(昭和7年)ので、これを原文と訳と照らし合わせながら見てみようかと思う。
さて、シェイクスピアは難しいというので、どこまで頑張れるかな。
最初は、自分でしようと思ったけど、早くも断念。
自分で訳すわけじゃなく、対比ならまだましか。

そのあと、日記によれば、ヴィーナスとアドニス、ソネット、ヴェニスの商人、テンペスト、シンベリン・・とつづいている。

祖父のこと5

祖父のことで気になっていたことを、叔母にメールで質問したら、
即電話がかかってきた。
さすが長女、いろんなことをご存知です。

祖父の俳号である絵馬の由来となったイギリスの女流作家は、エマボバリーというそうな。これですっきり~。さっそく探してみよう。

日記はずっと書いていたそうだけど、家の取り壊しの際にどこへ行ったやら・・。戦後のそっちも見たいものです。なので、シェイクスピアの研究を始めたきっかけはわからないけど、福田恒在(ふくだつねあり/こうそん)という方の影響もあるんじゃないかとのことで、調べてみた。確かにシェイクスピアの翻訳を手掛けていて、文学座で演出もされている。

叔母によると、松山にある伊丹十三資料館に、祖父の名前がちらっとあるとも。
うーん、見てみたい。叔母ともあってないし、松山にいかねば。

祖父のこと4

祖父の自伝「下」も読み終えました~。
昭和16年~21年。

太平洋戦争に突入し、戦争・政治のこともいろいろと書かれている。
まだ外務省にいたから、情報もいろいろ入ってきたのだろう。
松山に疎開していたから助かったと聞いていたが、
実際は、家族を松山に疎開させ、祖父は東京に残っているのにびっくりした。
東京といっても都会から離れたところに避難しており、大丈夫だったようだ。空襲警報がなっても、そこには爆弾が落とされないことをしると、上空に飛行機が飛んでいても、それを見ながら仲間とトランプなどしている・・。なんというつわもの!

東京での最後の大空襲となった5月25日に松山のもとへ向かっている。その前に、俳句でお世話になったという亜浪先生夫妻の疎開先へ最後のあいさつにいっているのだが、そこがなんと土方歳三の子孫の家というのも驚き!しかもそこで、小豆ご飯をいただいている。亜浪先生の親戚だそう。
私も、土方歳三の子孫と少し交流があるため、不思議なご縁もあるものだと思う。このこともさっそく伝えたら驚いていた。

食べるのも大変でお金も困っているだろうに、本はしっかりと買っていることにも驚かされる。祖父が松山に行くまでは一人暮らしをしていて、野菜なども買っているが、それを料理していたのも想像つかない。
祖父はまったく料理などしない・できないと思っていたからだ。
松山ではさすがに空襲にもあったようだが、別のところに預けてたとはいえ、このように日記も句集も残っているのもすごすぎる・・。
広島の原爆は、松山からも音が聞こえ煙が見えたようである。

松山で教師を務め、昔のご縁で明大予科の講師の話があり、また東京へ戻るのだが、その時それは揉めて、校長同士のやり取りがあったようである。それぞれの校長がたまたま実の兄弟だったというのを後で知る・・というのも奇妙な縁を感じる。こんな離れた地でそんな偶然があるのだろうか!

お茶に関する記述もいくつかある。
昭和21年4月は、「茶の代用になる忍冬を蔓ごと採って来た」とある。
同5月には、知り合いを訪ねた際に「抹茶を馳走された」とある。
祖父にとってこれが、初めての抹茶だったという。まだ、松山にいる時である。

戻るが、昭和17年の1月にはまだ普通に飲めていたコーヒーも、同3月には砂糖がないため飲めないとある。さらに4月にはどこも代用コーヒーしかないとある。急激に環境が変化していったのがわかる。

最近朝ドラで「ごちそうさん」「花子とアン」を見ていたし、映画「コクリコ坂」や「風立ちぬ」なども見たから、なんとなくそのころのイメージできた。

戦前にハチ公前で待ち合わせをして、楠正成像を見に行っていたり、新宿の紀伊国屋、京都・二条城の小堀遠州の庭などにいっていたりしているのにも親しみを覚えた。楠像は私も昨年かそのまえかくらいに見に行っている。
「アンナカレーニナ」も読んでいた。これは私も一度読んでみたいと思っている作品である。それから「モンテ・クリスト伯」は評判と違っておもしろい絶賛している。今年舞台を見たばかりで、私も確かにおもしろかった。本も読んでみたくなった。

祖父のこと3

祖父の自伝「中」を読み終えました。
大学時代~社会人まで、昭和7年~16年。
A4で220ページ。このあたりはほぼ日記。

「茶を喫む」という言葉が何度か出てくるが、珈琲、紅茶、ビールなんかも時々出てくる。トーストとミルクで朝食をとっているところも見られるのが不思議。
(トーストを食べるイメージがない)
相変わらず本の虫で、古書通いばかりしている。

外務省に勤めていたというのも知らなかったのでびっくり。
何がきっかけで大学の講師になったのか、気になるところ。いつから葉巻を吸い始めたのかもまだ出てこない。
曾祖父が農家のあといろいろ経て本屋をやっていたのもびっくり。

祖父の筆名である絵馬は、亡くなる前に「イギリス女流作家のエマ・・なんちゃらからとったもの」と聞いていたけど、自伝では、知り合いがつけてくれたとある。
祖父の好きだったエマなんちゃらの作品を読んでみたいと思っていたのに、名前が出てこないのか見過ごしているのか、結局まだわからない^^;

東京の知っている地名も多数出てくる。銀座、渋谷、新宿、本郷、上野、荻窪・・。上野公園、井之頭公園、道玄坂、新宿伊勢丹、新宿中村屋、銀座千疋屋なんかも出てくる。戦前からあったのね。
京都では嵐山に行っている様子があった。

俳句の景品で茶掛をもらっているのもおもしろい。
しかも、「直哉」と書いてあったらしい。
・・志賀直哉?

結婚して、叔母(母の姉)が生まれたころのことも書かれていて、時々出かけている様子も。私にとって祖父は、家にいて、本を読んでいるイメージしかないんで、スキーしてたり、将棋したりも全然想像がつかない^^;

多分・・下手したら10回くらいしかあってないから余計かなぁ。
多くても15回くらいかも。高校卒業してからは、3回くらいしか会ってない。
だから、親戚が近くにいるっていう友達とかうらやましかったな。

祖父のこと2

祖父の自伝、上をざーっと読み終えました。明治43年から昭和7年まで突っ走りました。A4で200ページもあるからすごすぎる。
祖父の生まれた時から、大学時代まで。途中お茶したりしているところがあるよー、なんか親近感。でも何のお茶かはわからず。祖父は愛媛生まれで、大学は東京ですごしている。その時に、友達に土産で玉露糖やら八つ橋をもらった話もあった。玉露糖がわからなかったから調べてみた。

白砂糖に葛粉(くずこ)・片栗粉・ひき茶などを加えて水でこね、木型に入れて玉の形に打ち出した菓子。江戸吉原の名物で、熱湯を注いで飲んだ。

ほんとに飲んだのか食べたのかはよくわからないけど、どんなものか食べて見たいなあ。松露みたいなのかなあ?

それにしても本を恐ろしく読んでる。志賀直哉、芥川龍之介、北原白秋、ゲーテなどなど、私が読んだことあるものもあって、また読みたくなった。夏目漱石は私は途中で断念してしまった^^;

映画や舞台、歌舞伎、落語なども見に行ったりしていて、知ってる俳優さんも出て来て、これまた親近感。
やっぱりもっといろんな話を、生きている時にしたかったなー。

祖父が俳句だけでなく詩や小説も書いていたとはびっくり。読んでみたい。もう残ってないのかなあ。
いつかは、祖父が読んで絶賛している小説なども集めて読んでみたい。

時代を越えて

祖父が遺した自伝を
ふと思い出して読み耽る

時代を越えて感じる息づかい
創られた物語の世界を渡り歩き
意気揚々としている様が
まざまざと目に浮かぶ

僕と重なるところを見つけては
嬉々として
僕もまた祖父と同じ時を過ごす

祖父とは数回しか
会った覚えもないが
そこには確かに
祖父の生きていた痕があり
未来へと続いている

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

祖父のこと

祖父の自伝を遅ればせながら読んでいる。
本になったものは前に読んだけど、一部CDに焼いたものだったので読んでいなかった。

大正~昭和時代、祖父が学生時に読んだ本と、私が読んだ本が微妙に重なり、
なんだか不思議な思いがした。

祖父が詩、俳句、短歌にいそしんだのも、学生時代とあって、私と同じだ。
好きな作家も重なっていて、びっくりした。

上中下とあって、まだ上の半分くらいだが、ちょっとした小説でも読んでいる気分である。

なんでもっと早く読まなかったんだろう。
もうこんな時間(夜中)だというのに、止まらなくなってしまった。
続きが気になってうずうずしている。

写真登録しました

しばらく放置してたけど・・久々に写真を登録してみましたw
いくつか通らなかったけど^^;
気に入っていた写真が審査に通ってうれしい。

http://pixta.jp/@chatei

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

バランス

海目前の崖っぷちに
僕はかろうじて立っている
片足でもバランスが崩れたら
海へ真っ逆さま

僕は青い空に手を伸ばす
恐怖と快楽の狭間で
僕は恍惚として
その危うさを楽しんでいる

僕はあの世の夢を見る
荒波に呑まれながら
この世の未練を
断ち切るナイフを探す

手招きしているのは
天使か
死神か
それとも…


テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

距離

一瞬
時が止まる
視線が絡む
呼吸(いき)をするのも忘れて
心がざわめく

ニ人を隔てる
長い階段さえ越えて
心が重なったと感じたのに
貴方はさらりと交わして
立ち去っていった

僕には
初めての恋だった
貴方は父の後妻で
追いかけても追いかけても
届かない恋だった

たった一度の過ちは
貴方を愛したことかもしれない


ドラマ「ガラスの家」より

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

赤いポスト

毎日毎日
いろいろな思いを
飲み込んでは吐き出して
赤いポストは
そこに立っている

移り変わる景色とともに
立ち止まる人は減り
時々存在すら忘れられて
グーグーと
お腹を空かせている

想いをそっと
したためた恋文も
今はメールに変わり
赤いボストは
愛を忘れてしまった

おもしろくもない書類に
うんざりして
時々神社と勘違いして
手を合わせて行く人たちを
見送りながら

今日も赤いポストは
そこで見守っている


小説 大山淳子「雪猫」を読んで

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

萩野 桂(はぎのけい)

Author:萩野 桂(はぎのけい)
京都在住。12月8日生 射手座 B型

亡き祖父である八木毅は、シェイクスピアの研究者で、英訳「アセンズのタイモン」他英訳本を出版。その傍ら、八木絵馬の名で俳句本も出版。そんな祖父の影響を受け、シェイクスピアに幼少より興味を抱く。また谷川俊太郎氏などの影響を受け、詩を書くようになる。
少しでも何かを感じて頂ければ嬉しく思います。

<出版>
新世研「ぼうけんだいすき」(絵本翻訳)
新風舎「たからのはこ」(詩集1編)
新風舎「ゆめのたね」(詩集2編)
新風舎「きみのかけら」(詩集3編)

<賞>
2006年文芸社 VA出版文化賞 ポエトリー部門特別賞
最近応募していませんが、また挑戦するため、ブログの一部を非表示にしています。

こちらもよろしくお願いします。
Facebookページ「萩野桂」
ツイッター「萩野桂」
pixta 写真販売中

なお、こちらにアップしている京都ページは、「京都散歩道」に移動しました。

ウェブマガジン「コスマグ」にも記事を書かせていただいています。
「kossmag おとながーるの京都暮らし&社寺さんぽ」

なお、当サイトに掲載されている個々の情報(文章・写真など)は、個人で楽しむ以外は無断で複写、複製、転載等、ご遠慮ください。 著作権はすべて、萩野桂(はぎのけい)にあります。

FC2カウンター
ブログランキング
ポチっとよろしくお願いします!

FC2Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
読書カレンダー本棚
Powered By ソーシャルライブラリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。