スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝染

心の闇は伝染する
父から母へ
母から子へ

不安と自尊心
羨望と渇望

子は闇を隠して
笑顔で心を騙して
子は子なりに親を守ろうとする

嘘を現実にするために嘘をつき
そうして幾つも塗り重ねた嘘は
やがて骨の随まで覆い尽くし
闇を支配するのだ

壊れていく心
子から友へ
友から友へ
さらに闇は伝染する

闇から抜け出す術は
勇気という名の光


ドラマ「 名前をなくした女神」、「マルモのおきて」より





私はよくドラマを見ます。
感受性豊かな方なので、すぐ感情移入できるから。

前はこれでしょっちゅう詩を書いていたんだけど、
どうも書く回数が減ってしまった・・。

感動はするけど、書けるほどではない。
感動が少なくなってしまったのかと、ちょっと悲しくなる瞬間でもあります。

今回は、このドラマで共通して、感じるところがありました。
誰しも心に持っている「闇」
いろいろ考えさせられます。

私自身、こういう子どもだった。
そして、きっとあなたも。
スポンサーサイト

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

私の作り方

今、ここにいる私は
決して私一人では作られない

人と出会うことで
私は作られる

家族であり兄弟であり
友達であり先生であり

先輩や後輩
上司や部下
そして恋人、子どもへと

数ある人と出会うことで
私は成長し
私は作られた

誰かが欠けても
今の私がいただろうか

…否
別の道を歩んで
別の人と出会っていれば
今ここには違う私がいる

どんな悲しいことも
どんな辛いことも
それは私に必要であり
私に課せられた試練なのだ

それはピリッと辛い唐辛子であったり
甘みを引き出すための塩であったり
料理でいうところの隠し味

今までの人生があるからこそ
今の私がいる



テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

大阪・中崎町 一日茶店と三越伊勢丹

2011.jpg

日本茶インストラクター協会大阪府支部主催の、一日茶店にお邪魔して来ました。
今回、スタッフのほとんどが私と同期の方w
たぶんそうかなーと思って、ご挨拶がてらに^^

私たちが着く少し前に、
関西放送「ジャルやるっ」のテレビが近くを通って、
なんとジャルジャルもいたとかで、急遽インタビュー&撮影があったそうな。
ちなみに、7/1(金)深夜1:05~1:59 に、
放送されるかもしれないそうです。

これはすごいですね~♪

IMG_3888.jpg
まずは、国産紅茶。
なんと出雲で作られている紅茶だそう。
静岡や宇治の国産紅茶は飲んだことあったけど、出雲は初めて~
べにひかりという品種で、もとはアッサム系の紅茶用品種。

<以下、野菜茶業研究所より>
この品種は野菜茶業研究所の枕崎茶業研究拠点で1952年に生まれました。
紅茶用品種として最初に交配で育成された「べにかおり」と中国系の品種から育成。
1969年に農林水産省により茶の品種登録がされ、国内で盛んに栽培されることが期待されました。

ところが、1971年に紅茶輸入が自由化され、外国産紅茶に圧倒されてしまい、
「べにひかり」は脚光を浴びることなく静かに時が経過するのを待つこととなったのです。

近年 日本における茶栽培地では、日本の地にあった紅茶用品種をもちいて紅茶が作られるようになっており、
「べにひかり」は鹿児島や埼玉県といった主要茶生産地で紅茶用に生産されるようになりました。


日本でも、紅茶用の品種が作られていたのは知らなかったのでびっくりでした。
静岡や宇治の、私が飲んだことある和紅茶は、日本茶と同様やぶきた品種だったから。

IMG_3889.jpg

色もとてもきれいですね。
そのままでもほんわかと甘みがあるので、ストレートで頂きます。
お菓子も手作りで、国産のレモンの皮をつかったもの。
これを食べてからまた紅茶を頂くと、レモンティーのような・・w
絶妙なハーモニーです。
紅茶は二煎目まで頂きました。

IMG_3891.jpg

次に、京都・田辺市の玉露。
50℃くらいに冷まして頂きます。

IMG_3894.jpg
結構濃厚~。水色がツヤツヤしていて輝いていますw
こちらのお菓子は、黒豆を寒天で包んだもの。
プルプルなものを想像していたら、さくっとしていて上品なお味。
パクッといっちゃいました。
三煎目まで頂きました。

IMG_3896.jpg

続いて煎茶です。
鹿児島の新茶なので、香りを楽しむために、やや高めでいれるのだそう。


IMG_3897.jpg

味噌風味のおかきとともに・・。
普段飲んでいるのが、鹿児島の深蒸し茶なので、
やはり水色が全然違うっ~。

でもこの甘いなんともいえない香りと味がたまりませんっ。


そのあと中崎町をうろうろ~。

そして三越伊勢丹へ。
先日行った時に見そびれていたお茶やさん「放香堂(ほうこうどう)」さんへ。

宇治の新茶を試飲で頂いちゃいましたw

IMG_3898.jpg

そして迷いに迷って買ったのがこれ。
ジャケットかっこいいですね^^
名前もおしゃれ~。
飲むのが楽しみです。

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

ランチ インドカレー

大阪 8番街にあるインドカフェ「JAY」に行ってきました。

IMG_3885.jpg

なかなか雰囲気があって、落ち着いていて穴場な感じ~^^

IMG_3886.jpg

ベジタブルカレー2種を注文w
ナンが半端なく大きくてびっくりした・・。

夜メニューにはチーズナンなるものもあるそうな。
おいしそう・・。

ナンはふわふわしていて、結構軽くて食べやすかったです。
ご飯かナンかどっちかならよかったんだけどなぁ・・。
両方は重い

真ん中にあるものが、サモサというもので、
左奥にある緑のちょっと辛いソースをつけて食べると、またうまい。

ラッシーもついて880円はお得よね。

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

永遠の命なんてもの
信じているわけではないが

死んだら終わりとも
思えなくて

形はなくとも
きっと魂は存在しているのだ

丁寧に作り上げたモノに
魂が宿るように

身近なモノに宿って
僕たちを静かに見守っている




今日、たまたま入った雑貨屋で、
谷川俊太郎さんの本を見つけました。
「谷川俊太郎の問う言葉 答える言葉」
この本知らなくて即買いして、電車の中で読んでたら、
こんな詩が思い浮かびました。
谷川さんの詩を読むと、
いつも新たな世界が広がる気がします。
言葉、奥深い!


テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

5/15 御所内 旧九条家遺構 拾翠亭

IMG_3828.jpg IMG_3871.jpg
京都御所の南側にある、旧九条家の遺構である「拾翠亭」。
約200年前ほどの江戸後期に立てられたもので、九条家の別邸として使用され、
主に茶会や歌会などの社交の場として利用されていました。
現存する貴族の茶室としては、数少ないひとつで、貴重なものだとか。

拝観は、3/1~12/27までの毎週金曜日と土曜日、
そして、葵祭り、時代祭り、春・秋御所一般公開日のみ。
100円で見れるっていうのがまたすごいw

IMG_3832.jpg IMG_3836.jpg
お庭では、マガモさんも、優雅にひとやすみ。

IMG_3847.jpg IMG_3846.jpg

これは、池のそばにある、四阿(あずまや)。


IMG_3840.jpg IMG_3837.jpg
拾翠亭の外観。

この日は葵祭りということもあって、ものすごい人でした^^;

IMG_3849.jpg
控えの間。

IMG_3851.jpg
広間からの眺め。
向こうに見えるのが、九条池と高倉橋。

IMG_3859.jpg IMG_3860.jpg
小間。

IMG_3862.jpg IMG_3868.jpg
二階座敷。
ここからの眺めはまた格別。
さるすべりが咲く頃がまたよいそうです。

IMG_3863.jpg

IMG_3864.jpg IMG_3870.jpg
丁子七宝と障子。
この障子の貼り方は、紙の継ぎ目を縦桟の間隔を二分の一ずつずらした石垣貼りというもので、
高度な技術が必要なもの。

188064_146849162050719_163152_n.jpg

ちなみにこちらは、以前に撮ったものですが、橋から見た拾翠亭。
直接庭でつながっていないので、外周をぐるっと回らないと行けませんが^^;


また来月来るので、そのときゆっくり見ようっと^^

5/15 葵祭り その4

IMG_6479.jpg IMG_6482.jpg
続いて、斎王代の登場です。
こういうメインのものは、いくら観覧席とはいえ、
みなさん、立ったり、手を伸ばして写真を撮るので、大変・・。
どうしても、いろいろ入ってしまうので、そういう時はアップにした方が一番よいですねw

IMG_6484.jpg IMG_6485.jpg

IMG_6493.jpg IMG_6495.jpg

IMG_6500.jpg IMG_6510.jpg
そして、騎女(むなのりおんな)。
斎王付の巫女(みかんこ。神事をつかさどる女)だそう。
馬に乗った女性はやっぱかっこいいっ、あこがれます。

ところで、この左の人、去年も撮った覚えが・・w


IMG_6512.jpg IMG_6517.jpg

IMG_6521.jpg IMG_6524.jpg

右の人、目がえらくかわいい。
でもちょっと今風の化粧にも思える・・^^;


IMG_6527.jpg IMG_6531.jpg

IMG_6534.jpg IMG_6542.jpg
IMG_6547.jpg


IMG_6544.jpg  IMG_6550.jpg
そして、最後の牛車。

IMG_6551.jpg IMG_6554.jpg
車輪、大きいでしょ?

IMG_6556.jpg IMG_6555.jpg

これで最後です。
総勢511名、馬36頭、牛4頭、牛車2基の行列で、先頭から最後尾まで約1キロに及びます。
今度はまた違うところで見て見たいなぁ・・。
儀式をまったく見ていないので、今度はそれをなんとか見たい・・。

テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

5/15 葵祭り その3

アップが遅くなったけど・・続き^^;

IMG_6383.jpg IMG_6395.jpg

IMG_6407.jpg IMG_6408.jpg
勅使。行列中最高位の人。馬の装飾もすごいんです。
でも・・残念ながら、前を写せず・・。

IMG_6417.jpg IMG_6418.jpg

IMG_6421.jpg 
これは、風流傘。

IMG_6433.jpg IMG_6434.jpg

IMG_6449.jpg IMG_6451.jpg
こちらも華やかですね。

IMG_6455.jpg IMG_6456.jpg
そしてようやく女性たち。
やはり華があってよいですね^^

IMG_6460.jpg IMG_6463.jpg

IMG_6465.jpg IMG_6476.jpg

テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

5/15 葵祭り その2

IMG_6312.jpg IMG_6314.jpg
とにかく、動くのと、馬があっちゃこっちゃ向くのと、
歩く人のスピードが違うから、馬を追い抜いたりしたり。
進むスピードもなんか速い。
そして、やはり前の人も一瞬立ったりするので、結局それで隠れてしまったり・・。
うまく撮るには難しすぎますね・・。

IMG_6318.jpg


これが「乗尻」
行列を先導する騎馬隊で、上賀茂神社の競馬会(くらべうまえ)の騎手。
競争相手のため、左方(さかた)と右方(うかた)で衣装が違うのだそう。

IMG_6324.jpg

これが「検非違使使志(けびいしのさかん)」
警察、裁判をつかさどる人。

IMG_6331.jpg IMG_6333.jpg

IMG_6334.jpg IMG_6341.jpg
赤い衣装が山城使い?
パンフレットが一部モノクロなので、どれがどれかわかりづらい・・。

IMG_6345.jpg IMG_6350.jpg
いろいろな道具持ちの人たちも頑張っています。

IMG_6354.jpg IMG_6356.jpg
この青っぽい衣装の人が「内蔵寮史生(くらりょうのししょう)」

IMG_6334_20110517224434.jpg IMG_6366.jpg

IMG_6372.jpg IMG_6373.jpg
そして、「牛車」
御所車とも呼ばれます。
IMG_6378.jpg IMG_6379.jpg

やはり美しいですね~。
悠悠と歩く牛さんがかわいい・・

テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

5/15 葵祭り その1

日曜日は、葵祭りに行ってきました。
今年は親戚が来るっていうので、有料観覧席を購入。
5/10ごろになって、急に言われて、電話するも、もちろん下鴨神社のは完売。
どうせ見るならそっちで見たかったけど・・。
御所の席が空いてるとのことで、そちらを手に入れました。

1時間もないものなのに、2000円は高いなぁ・・。

車で送ってもらって、10時前に着いたので、御所の北西で降ろしてもらいました。

IMG_3817.jpg IMG_3818.jpg
近衛邸近くをちょっと案内して・・。
緑がキラキラ眩しい

IMG_3822.jpg IMG_3824.jpg
そして南下していくと、葵祭りの行列の人たちが、なにやら準備中。
まだ中にいるものとばかり思っていたので、ラッキーw

IMG_3826.jpg

警備のお姉さんも馬に乗って待機中。
かっこいいね~。


私は7ブロック、5E 28 でした。
招待席のすぐ南側のブロックで、近そう・・って思ってたけど。
やっぱ遠い^^;

10時半からで、10時には来ておいてといわれたから来たものの・・暑いだけだった。
早くもばてそうでした。

唯一よかったのは、前から5列目で、後ろの列が一列全部空席だったこと。
そのため、立っても文句いわれないっ~

ってことで、結局最初から最後まで立ちっぱなしで見てしまいました。

IMG_6344.jpg IMG_6444.jpg
あとで葵祭りの様子はアップしますが、
席としてはこんな感じ。
そういえば御所の南門のところで、何度か見たことあるけど、
中で見るのは初めてだなぁ~。

とにかくどっから来たんだ??と思うほど、人、人、人・・。
観光バスもすごい止まってたもんなぁ。

IMG_6393.jpg IMG_6369.jpg
白いテントのところが、少し高くなっていて、そこの前で行列が止まって、
行列の説明をしていました。
ただ、説明も何をいっているのかさっぱり^^;

この平安衣装を着た方が、当時の偉い人を再現してるのかな?
市長かと思ったけど、ちょっと違うっぽい。
これが精一杯で、誰かまでわからんかった・・。

鳥もこの葵祭りを観覧。いい感じに撮れたのでw

テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

お茶の葉でかき揚げを作ろう

<用意するもの>

お茶の葉(摘みたてのもの)、玉ねぎ、小麦粉、卵、水、ボウル、フライパン、サラダ油、皿、トレイ、網、キッチンペーパー、箸


IMG_3796.jpg

生葉と玉ねぎ、小麦粉、卵を準備します。
生葉は、さっと水で洗って、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。
玉ねぎはスライスして、食べやすい大きさにします。

IMG_3804.jpg

卵、水、小麦粉を入れて軽く混ぜ合わせます。

※すみません、いつも適当に作るので、衣の分量は、普通のてんぷらのレシピをご確認ください。
 卵は写真は1個ですが、半分を使用しました。

IMG_3805.jpg

衣の生地を、生葉と玉ねぎをいれたボウルにいれて、合わせます。

IMG_3806.jpg

サラダオイルを熱して、170度くらいになったら、生地を入れて揚げます。
このとき、穴空きのオタマを使って、ある程度固まるまでそのまま揚げると形が崩れにくいです。
衣をちゃんとつけておくのもコツですね。

IMG_3807.jpg IMG_3808.jpg

焦げ目がついてきたら、キッチンペーパーの上に取り油を切ります。
トレイに網を乗せて、その上にキッチンペーパーを置いています。

IMG_3809.jpg


お皿に盛りつけて出来上がり♪
塩をかけて、シンプルに召し上がっていただくのがおすすめです。



ホットプレートで製茶しよう

収穫したお茶の葉は、残念ながら、そのままではお湯を入れてもお茶にはなりません。
そこで、ホットプレートを使って、ご家庭でお茶を作ってみましょう。

お茶の葉は、摘んでからそのままにして置くと酸化して、茶色に変色してしまいます。
なので、蒸すことによりこの酸化を止めます。


摘んだ茶葉を、サランラップに包み、その日のうちに電子レンジで1分ほど蒸します。
これを冷蔵庫に入れて、冷やします。

IMG_8426_20110517201416.jpg

ホットプレートに、この冷蔵していた葉をいれます。

IMG_8440_20110517201414.jpg

温度を保温~150℃に調整して、お箸で軽く炒めます。
※写真は何度か繰り返したあとのものです。

IMG_8444_20110517201413.jpg

しばらくしたら手で押しながら揉みます。
水分が出てきたらまた炒めて・・とひたすら1時間ほど繰り返します。
茎は、葉より時間がかかるので、分けておくとよいですね。

IMG_8446_20110517201411.jpg

最後に乾燥させてできあがります。
葉が「ポキッ」「サクッ」と折れるようになればできあがりです。
煎茶というよりは、釜炒りっぽいお茶になります。

2010年八十八夜茶摘みの集い、宇治茶会館にて


去年の体験を思い出しながら・・ちょっと自分流に。
よかったらご参考ください。


【用意するもの】


摘みたてのお茶の新芽(1回分50~100g)、サランラップ、ホットプレート、電子レンジ、キッチンペーパー、箸、ざる、フライパン


IMG_3794.jpg

葉に虫がついていたり・・というのもあったので、そのまま使うには抵抗があり、さっと水洗い。
(製茶にはこのうち、半分を使用しました)

IMG_3795.jpg

キッチンペーパーでしっかりと水気を拭き取ります。

IMG_3797.jpg

耐熱のお皿に入れて、サランラップでフタをし、レンジで1分加熱。

IMG_3798.jpg

加熱が足りないと「青臭い香り」となり、加熱しすぎると「お芋を蒸したような香り」になります。
匂いをかいでみると、まだ青臭い香りがしました。
そこで、あともう15秒ほど加熱。
青臭い香りがやや残りつつ、お芋を蒸したような香りがしたので、ここでストップ。
これを「甘涼しい」香りというそうです。

IMG_3799.jpg

荒冷ましして、手で触れるようになったら、両手の平で揉み、茶葉に含まれている水分を出します。


IMG_3800.jpg

いわゆるホットプレートがないので、代わりにコーヒーを保温する用のホットプレートを使用しました。
これで加熱して、水分を飛ばします。
葉が固まっているので、解きながら、全体に熱が通るように広げながら行ないます。
温度調節はできませんが、じんわりと熱がお皿に伝わってきます。
この、揉む・加熱を交互に繰り返します。


※ホットプレート使用の場合は、保温~150℃に調整して、焦げないようにこまめにかき混ぜましょう。やけどをしないように気を付けてください。

IMG_3801.jpg

最初はお茶の葉を、キッチンペーパーに取ってから、また再度揉んでいたのですが、
途中から、お皿もかなり熱くなったので、ホットプレートからおろしてしていました。

IMG_3802.jpg

30分後、このくらいになりました。

IMG_3803.jpg

こちらが50分後。

葉にやや粘り気が出て、手に葉がくっつくようになればOK。

IMG_3811.jpg

使用したのが保温用ホットプレートで、いわゆる火入れをしていないので、
フライパンにキッチンペーパーを敷いて、その上に茶葉を乗せて炒めました。
お茶の香ばしい香りがして、葉が「サクッ」としてきたらOKです。

※ホットプレート使用の場合は、「保温」にして15~20分間そのままにしましょう。

IMG_3814.jpg

ちょうど一煎分くらいになりました^^
このまま葉を食べてもおいしかったです。

IMG_3815.jpg


急須に茶葉を入れ、50℃くらいのお湯で淹れると、甘味があっておいしいお茶になります。

IMG_3816.jpg


3煎目まで頂いてから、最後は茶がらにポン酢をかけて、お召し上がりください。
自分でこうやって作るのも、楽しいし、愛着もわきますよ~。



テーマ : レシピ
ジャンル : グルメ

5/14 覆い下茶園で茶摘み体験 その3

IMG_3739.jpg

さて、私たちもいざ茶摘み体験っ!
籠を持って、茶園へ移動です。
摘んだ葉を、これにいれていきます。
こういう籠を使うの初めてだったので、どきどきw

IMG_3740.jpg

寒冷紗で覆いをした茶園です。

IMG_3745.jpg

左上や、右下に色の違う堅そうな葉がわかりますでしょうか?
これが去年の葉になるので、それ以外の柔らかい、青々とした新芽だけを摘んでいきます。
柔らかいので、ポキッと簡単に折ることができます。
これが結構心地よくて・・みなさん、無言、無心になって摘んでいました。

IMG_3750.jpg

30分ほど摘んで、3人でもたったこれだけ・・。
手で摘むのは、ほんとうに大変な作業ですね。

IMG_3788.jpg

15名での体験だったのですが、かき集めてようやく籠一杯。
摘んだ茶はお土産に。
家で簡単に製茶する方法も教えて頂きました。
うまくいけば、100g 3000円くらいの玉露に仕上がるのですが・・。
さて、どうなることやら。

IMG_3782.jpg


茶摘みのあと、
うま味たっぷり~の玉露と、茶団子も頂いてほっこり^^


IMG_3769.jpg

石臼で碾茶を挽いて、抹茶を作る体験もさせて頂きました。
上に碾茶をいれて、石臼で反時計回りに回すと、下から挽かれた抹茶が出てきます。
ほんのわずかずつしか挽けないので、
通常販売されているような量を作るには、相当時間がかかります・・。

IMG_3790.jpg

家で点てて頂きました。
石臼で挽きたての抹茶を頂く・・なんて贅沢なんでしょう^^


IMG_3793.jpg

お土産で頂いた新茶(左)と、買ってきた新茶(右)。
荒茶玉露の新茶というのも、珍しいですね。
45gで1000円~2000円!
家に帰って早速頂きましたが、ほんとおいしかったです。

吉田銘茶園様 HP
なお、小倉駅前の「レインボー小倉BF1」にお店があります。


テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

5/14 覆い下茶園で茶摘み体験 その2

続いて、工場も見学です。
摘みたての茶葉を 蒸して仕上げるまでの工程を順番に見て回りました。

IMG_3753.jpg IMG_3754.jpg

これがちょうど蒸したばかりのお茶の葉ですね。
まだ葉も大きく、青々とした色をしています。
お芋を蒸したようないい香りがします。


IMG_3722.jpg IMG_3726.jpg

ちょうど玉露を手もみしているところも、見ることができました!
写真に撮ると、どうしてもぶれてしまいますが・・。
このように、助炭の上で四~五時間もかけて丹念に手揉み仕上げするんですよ。

IMG_3736.jpg

ここでは、蒸して、揉んだ茶葉の中から、古葉をピンセットで取り除いています。
気が遠くなりそうですね・・。
このあと、また揉んだりして、さらに水分を飛ばしていきます。

IMG_3766.jpg IMG_3767.jpg


かなり省略していますが、これが仕上がった玉露。
針のように細長く、ツヤツヤしています。
美しい~っ!
そして、青海苔のような芳しい香りが漂っています。
おいしそう・・。


テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

5/14覆い下茶園で茶摘み体験 その1

先日、京都・宇治市小倉にある「丸利吉田銘茶園」様の茶園での茶摘み体験講座があり、
お邪魔させて頂きました。とてもいいお天気に恵まれました。


近鉄小倉駅から歩いていると・・

IMG_3687.jpg

茶箱を作っている会社がありました。
今では茶箱も珍しくなってしまいましたね。

IMG_3700.jpg

さらに歩いて行くと、巨倉神社というところがあります。

IMG_3696.jpg

狛犬の下にも製茶の文字がっ!

IMG_3699.jpg IMG_3695.jpg

拝殿はとても変わった形だなぁーと思いました。
奈良様式が入っているからだとか。

この拝殿を右に行くと・・。

IMG_3692.jpg

フェンス向こう側に、玉露発祥之碑という碑があります。
本当にひっそりとあるので、言われないと気づかないですね^^;

IMG_3703.jpg IMG_3706.jpg

そして、丸利吉田銘茶園様の茶園に到着~。

藁(わら)で茶葉の全体を覆い10日
そして その上に 更に藁を広げて10日、計20日程かかります。
この日でまだ7日目とのことでした。


IMG_3710.jpg


中に入ると、こんな感じです。
日光を遮ることで、うま味がぎゅっと詰まったお茶ができるわけですね~。
この横にかかっているものを葦簀(よしず/葦(あし)を編んで作るすだれ)といいます。
葦(あし)は、「アシ」という音が、「悪し」に繋がることから「ヨシ」ともいいます。
この茶園の上に乗って、藁を乗せていきます。すべて手作業!

IMG_3711.jpg

このように手間暇かけて、玉露や碾茶作られます。
ちょうどこの藁の隙間から、日の光が差し込み、
新芽が青々としていて、キラキラと輝いていました。



テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

京都さくらよさこい 2日目 その6

これで最後です。
再び京都市役所前にて。

IMG_6281.jpg IMG_6283.jpg
ちょうど「踊屋本舗 響」が終わるところでした^^;
でもまぁ、昨日見てるからいっかw

IMG_6286.jpg IMG_6289.jpg
「朱蘭」「空」

IMG_6299.jpg IMG_6307.jpg
そして最後を締めくくるのは奈良の「華鹿」
女性の力強い視線、いいですね!

ということで・・長い長い一日が終わりました(笑)

この日だけで撮ったのが530枚!
整理していて450枚になりましたw
ぶれたり、いまいちだったり、動いているものを撮るのは難しいです。
でもその分、うまく撮れるとうれしいものです。

この中から厳選するのも、ちょっと大変でした


今回は、急な延期もあって、出ていないチームがあったり、
会場もいつもより少なかったですが(いつもは7つくらいあるんですが、今回は3つ)。
それでも出演者の皆さん、大変だったかと思います。
演舞し終えたら、即募金活動スタッフにはや代わり。
踊り終わって疲れているでしょうに、そのパワーに驚かされました。
会場も移動しながら、ですからね^^;

ついて歩いて回っていただけの私でも、筋肉痛になってるってのに(笑)
ほんと、みなさまお疲れ様でした!
素敵な演舞をありがとうございました。


私も6/26に京都らしく、茶会ボランティアということで、
スタッフで参加させていただく予定をしています。

詳細は後日にて。





テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

京都さくらよさこい 2日目 その5

IMG_6189.jpg IMG_6193.jpg
またまた「みつば家」です。
最後の演舞です。
左から二列目の前列の方がとてもきれいなポーズですね。
体を前に残しているほうが迫力と存在感があります。

IMG_6200.jpg IMG_6203.jpg
つい、写真を撮って絵になるかを考えてしまいます^^;
この男性の、足と手の角度のバランスがめちゃGOOD!

IMG_6234.jpg IMG_6235.jpg
そして「輝華凛」
近くで見ると、やはり迫力~!

IMG_6242.jpg IMG_6246.jpg
「愛翔」
このチームは、こぶしを力強く上に上げるポーズが印象的でした。


IMG_6249.jpg IMG_6254.jpg
今回参加チームがつけているピンクリボンは、被災者の方への復興支援として購入しているものだそうです。
全額支援金として被災地へ送られます。

チームによって、腕に巻いたり、腰につけたり、頭に巻いたり・・いろいろな形でつけていました。


IMG_6260.jpg IMG_6268.jpg

そして「夢舞台」

・・どうしても衣装が大阪の「くいだおれ人形」に見えてしまう。

IMG_6256.jpg IMG_6258.jpg 
ひときわ背が高くて美人なこのお姉さんが、とても素敵でしたw


IMG_6274.jpg IMG_6280.jpg

そして「よさこい健美連」
年配の方ばかりのチーム。
ここも毎年よく見ます、いつも元気で素敵ですね

京都さくらよさこい 2日目 その4

またまた会場を移動して、ゼスト御池へ。
丸太町河原町にある地下街です。

IMG_6064.jpg
まゆまろ~っ キャー♪ o(>▽<*)(*>▽<)o キャー♪
京都のマスコットキャラクターです。
ほんとねぇ、好きなんです。
かわいい、ギュッとしたいっ(しないけど・・)

IMG_3677.jpg
写真を撮っている人がいたので、私も撮ってみたw
日本やねぇ~

IMG_6125.jpg IMG_6134.jpg
会場では、タップダンスをしていました。
となりのトトロの音楽で、そのあとは無音で、そしてまた音楽をつけて。
計3曲見れました。

タップダンス大好きなんだよぉ~
自分でもやりたかったくらいに。
習いに行こうと思ったけど、やはりこういうのを始めるには20歳くらいのがいいかなーとか考えて、
どうも入りづらかったのとで断念したんです。
その頃からやりたいとは思っていたけど、
京都で近くに通えるような教室が見当たらなかったんだよね・・。
それと、知らないところに飛び入りするのも結構勇気いるんで^^;

ずっと同じスタジオ通ってました。
いろいろ好きなジャンルが受けれたのはよかったけどね。
ジャズとかモダン、バレエ、ヒップホップとかしかしたことない・・。

タップダンスは写真撮るの難しいねー。
止まっているようにしか見えないのが多かった
そして、あわせるの難しそう・・。
ほんと息がぴったりで、見惚れました

IMG_6144.jpg
それから朝のオープニングでもみた「ふらっと♭」のライブ。

IMG_6152.jpg IMG_6155.jpg
そしてまたまた「凛」
やはりこの人を撮ってしまうw
一番輝いて見えるんですよね~。

IMG_6163.jpg IMG_6165.jpg
それから「山東舞蛍」
近いだけに・・撮りまくりました!
かわいいなぁー、子供たちw

IMG_6176.jpg IMG_6180.jpg
このチームではやはりこの女性!
りりしい顔立ちが素敵です。

IMG_6186.jpg
ほぼセンターで見ていました。
誰にも邪魔されないで撮れるっていいなぁw

テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

京都さくらよさこい 2日目 その3

IMG_6067.jpg IMG_6075.jpg
そしてまたまた京都市役所前に戻ってきました。
さっきは左から撮っていたので、今度は右から。
角度が違うとまた違って見えておもしろいです。

ちょうど「咲産華」が始まりました。

ここで、カメラのバッテリーがピンチに
・・まぁ、そんなこともあろうかと、もう一台持っていたので、
そっちで撮影。
とはいえ、もう一台はズームがそれほどでもない・・。
まぁ、バッテリー温存のためなので仕方ない。

昨日見た「仏喜踊」のあと「舞闘神 都侍」

IMG_3606.jpg IMG_3608.jpg
わーん、昨日より人が多くて嬉しいっ
子供たちも頑張っています。
左前にいる子が昨日アップで撮った女の子です。

IMG_3615.jpg IMG_3617.jpg
これよ、これっ、迫力~♪
やっぱかっこええ~。

IMG_3618.jpg IMG_3619.jpg

女性も子供も旗持ち、素晴らしいっ

IMG_3625.jpg IMG_3633.jpg
そして、昨日みた「桜道里」
やっぱいいなぁ、ここ。

IMG_3642.jpg
ただ・・ひとつだけ。
男性は脱がないで欲しかった・・。
色白でぶよぶよさんたちが・・ちょっとヤダ。
脱ぐならちょっと日に焼けて、肉体もしまっているほうがよいかと^^;


IMG_3659.jpg
そして、本日何度目かの「凛」(写真なし)、そして「山東舞蛍」

IMG_6087.jpg IMG_6093.jpg
「みつば家」
このチームを追っかけていたので、まだこのあとも続きます。

IMG_6098.jpg IMG_6111.jpg
せっかくのオンリーステージ、顔が見えた方がよかったような・・。
下にしゃがんでいる人たちと混じって、ちょっとわかりづらかった^^;


IMG_3674.jpg
「輝華凛」(写真なし)、「愛翔」
ここも元気があってよかったですね~。

テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

京都さくらよさこい 2日目 その2

ちょっとお昼休憩の後、昨日の会場へ移動~。
銅駝(どうだ)美術工芸高等学校です。
漢字変換でないしー


ここだと近いので、結構いい感じに撮れますw


IMG_5977.jpg IMG_5978.jpg
先ほど見た「凛」

IMG_5979.jpg IMG_5983.jpg
本当に素敵な笑顔
きれいですね~

IMG_5985.jpg IMG_5996.jpg
そして「山東舞蛍」
子供たちの「ほ、ほ、ほーたる来い」という歌から始まり、
本当に蛍が飛んでいるかのような美しい舞

IMG_5998.jpg IMG_6008.jpg

写真で伝わりにくいのが残念・・。
ここのは、映像で見て欲しいです。

IMG_6011.jpg IMG_6015.jpg
そして「みつば家」
足がすっと伸びて美しいですね

よく見たら、鳴子にもみつば家のマークが入っていてびっくりw

IMG_6027.jpg IMG_6032.jpg
一人オンステージ
そして笑顔がかわいいw

IMG_6052.jpg IMG_6058.jpg
「輝華凛」
扇子と鳴子をうまくつかって、迫力がありました。

IMG_6062.jpg

あとでちらっと募金中のお姉さん方を見ましたが、
なかなか素敵な色香で誘ってました(笑)
そして、誘惑されている?お兄さんとの会話がおもしろかった~♪

確かに男性のカメラ小僧が多いので、お姉さま方の募金活動はいいかもしれませんねw

テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

京都さくらよさこい 2日目 その1

今日もよさこい漬けです(笑)
まずは京都市役所前にて。
写真たくさんあるので、うまく撮れなかった分は、省略しつつ書きますね^^;

IMG_5851.jpg
10時半ごろにつくと、「ふらっとb」というバンドのライブがありました。

IMG_5854.jpg IMG_5857.jpg
そして、よさこい。
「チーム大曇天返し」「大阪教育大凛憧」

IMG_5867.jpg IMG_5877.jpg
「大阪守口熱渡宝夢」「京躍華」(写真なし)、「凛」

IMG_5887.jpg
「三東蛍」
ここ、本当にすごかった!
写真はのちほどまたあります。

IMG_5903.jpg IMG_5933.jpg
「みつば家」、「輝華凛」、「愛翔」(写真なし)

IMG_5944.jpg IMG_5957.jpg
「FGP忍」と「子★忍」
このチーム好きなのです。

IMG_5962.jpg IMG_5969.jpg
もう・・この「子★忍」がかわいすぎて・・。
もともと違う曲を予定していたそうですが、
どうしてもこの曲がいいと、「金魚音頭」?とかいうものにして、がんばったそうな。
音楽もよかったけど、一番小さいこの子がめちゃがんばってました♪
楽しそうに踊っていますね。
ほんまかわいすぎる・・。

どうしても人の頭でかぶってしまい、合間を縫っての撮影w
これ一度しか見れなかったので、ほんとよかった・・。


テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

京都さくらよさこい 1日目 その2

IMG_5798.jpg IMG_5799.jpg
そして、昨年の優勝チーム「ピンクチャイルド」
ここも大好きなチームのひとつ。
大人数で迫力あるのもそうだけど、若い子がいっぱいなのに、本当にうまいんです!
始まった瞬間から、目をひきつけます。

IMG_5804.jpg IMG_5807.jpg
鳴子、扇子。
そしてこの色香漂う視線・・。
女から見ても、ドキッとさせられます。
すばらしい・・。

IMG_5811.jpg IMG_5812.jpg
そして今度は、番傘。
人数をうまく使って、いつのまに出したの??と思わせる演出が見事!

IMG_5813.jpg IMG_5814.jpg
そして、半数が代わる代わるバック転を見せてくれます。
すごすぎるーっ!!


IMG_5816.jpg IMG_5817.jpg

そして衣装チェンジもすごいんです。
黒から青、ピンクと・・。

ほんと文句のつけどころもない完璧さっ!
この子達が大人になるのが楽しみです。

IMG_5823.jpg IMG_5824.jpg
そして、今日の一番の目的が、このチーム。
本場高知からのゲストチーム「十人十彩」
さすがに、このときだけは、ものすごい観客です^^;

IMG_5827.jpg IMG_5832.jpg
ほんまべっぴんさんが多いわぁ~、ため息でます。
踊りも、どこをとっても美しいんです!

IMG_5833.jpg IMG_5834.jpg
今回、男性がセンターで、女性が左右に分かれていたので、
ほんと撮りづらかった・・。
左を撮ろうとしたら、三脚のカメラが邪魔になるし、
右は右で、背の高い人がいるんで、撮れない・・。
なので、こんなふうに望遠でがんばりましたっ!

・・どうしても誰かのカメラは入っちゃいますけどね・・くすん。
表情がいい感じに撮れたやつも、
だれかさんのカメラの望遠が、おもいっきり入り込んで悲しすぎ・・。

IMG_5836.jpg IMG_5838.jpg

この辺はもう・・下から撮ってましたw
何度も撮っていると、だいたい撮る相手も決まってきていて、
このお姉さんも去年いっぱい撮ったなぁ~^^


IMG_5846.jpg IMG_5849.jpg

なんだかんだと、いっぱい撮れたのでよかったです。
やっぱここのチームがダントツだなぁ。当たり前かw


私はいつも、チームをまずざっと見て、
グッと引き寄せられる魅力のある人を見つけます。
それで、その人をメインに撮っていますw
で、ずっとおっかけていい表情、いいポーズを探します。
もともとダンスをやっていたので、なんとなくこういう振りがくるんじゃないかなーと想像しつつw

残念ながらいないなーと思ったら、カメラもしまって見る専門(笑)

今日に好きなチームはほぼ見ることができたので、
明日は友達のいるチームを追っかけしたいと思います♪

テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

京都さくらよさこい 1日目 その1

さて、本日のメインはよさこいです!
中止になった・・と思っていたら、延期になったと聞いて行ってきました。

IMG_5734.jpg
会場に着くと、ちょうど桜道里(オードリー)が始まりました。

IMG_5739.jpg IMG_5740.jpg

IMG_5741.jpg IMG_5751.jpg

IMG_5757.jpg

なかなかかっこよかったw
初めて見たので、今後要チェックなチーム♪

IMG_5758.jpg IMG_5759.jpg  
そして舞闘神 都侍。
ここは好きなチーム・・なんだけど、あれ??
どうもメンバーが変わった?
もっとこう迫力あって、語り手も声が低いトーンでよかったんだけどなぁ。
女の子は変わらずで、もうこの子を毎年撮っているような感じです。

IMG_5761.jpg IMG_5762.jpg 
かわいいなぁ・・成長したなぁ・・w
だいぶ踊れるようになったなぁ。
と思ってたら、この子しか撮ってなかった^^;

IMG_5765.jpg IMG_5771.jpg
そして、仏喜踊(ぶきよう)、朱蘭

IMG_5773.jpg IMG_5778.jpg
さぁ、待ってました、華鹿!
・・と思ったら、前に座っていたがたいのいいおっちゃんが、
私の前に立ちはだかり、三脚を据え・・。
見えねーっつーのっ!

しかも、三脚は録画し、別のカメラで写真を撮る・・。

てっきり、このチームに知り合いがいるからだろう、終わったらどくだろうと思っていたら、
そのままずっと居座りやがった
まぢ、ぶち切れそうになりました。

ちょっといかつい人だったので、よう言えなかったのです・・。
ほんとどこでもいるよなー、こういうやつ。


背の低い私は、背伸びして上から、下から、こそっと・・くすん。

せっかくこのあとの十人十彩のために陣どってたってのに~っ!
この一回きりだったんだよ・・。さすがに5時の2回目公演まで頑張れず。

どうやったってカメラが入るんで、もうイライラしたっ。
アップが多いのはそのせいです・・。

IMG_5787.jpg
続いて「空」

IMG_5790.jpg IMG_5792.jpg
「京炎そでふれ!」
京都ならではということで、なんと友禅を使った衣装!
美しい~。かっこよくてよかったです。


IMG_5793.jpg
「踊屋本舗 響」
あれ、いつもより人数少ない??
明日は倍いるといっていて、ちょっと安心しましたw
この子もだいぶ大人になったなぁ~。

テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

今日のランチとカフェ

IMG_3591.jpg IMG_3593.jpg
二条通の烏丸と河原町の間あたりにある、カフェ ビブリオティックハロー
とても素敵な感じですね。

IMG_3592.jpg
中庭とランプがまたいいなぁ~。

IMG_3594.jpg IMG_3594-2.jpg
チキンオムライスを食べました。
ちょっとご飯が硬いのがあったけど・・・^^;
味が薄めで、あっさりしていたから、食べやすくておいしかったですw

IMG_3595.jpg IMG_3598.jpg
あとで行ったカフェ。
前からちょっと気になっていました。

三条寺町下がった東入ったところにある、WRIGHT商會(らいとしょうかい)
アンティークショップでもあるカフェで、とってもおしゃれw
音楽も落ち着きます。

写真はHPのがいいので、そちらを見てください^^;

IMG_3600.jpg
昔の電話機もありました。う~ん、レトロ!
時計もいっぱいです。

IMG_3599.jpg
コーヒーでほっと一息。
このコーヒー、めちゃめちゃおいしかった!

コーヒーの味、実は私あまりよくわからなくて、
苦いから、ミルクと砂糖を入れて飲みます。

家にも、本場ブラジルのお土産でもらったコーヒーがあるけど、
そのままだととても苦くて飲めなくて、他のとブレンドしたので点てたものを飲んでも、
やはりダメでした^^;
うん、インスタントでいいや、っていうくらいなんで。

そんな私が、今までで飲んで一番おいしいと思えたのが、
唯一長崎のグラバー邸にあるカフェのコーヒーのみ。
それと同じくらいおいしいと思えたので、感動っ

居心地よくて、すっかり居ついちゃいそうでした。

しばらくたって、猫ちゃんが横をするりっ。
自由なカフェだなーと思っていたんだけど。

あとで改めてカフェ本見たら、どうも店長のきんたろうさんだったようです


テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

4/30 藤棚といろいろな花

鳥羽水環境保全センターの藤棚を見に行ってきました。
2009年のときのはこちら

このときのに比べたら、ちょっと寂しい・・。
天気も悪かったから余計かなぁ。

今年は4/29~5/1までの公開だったようです。

IMG_3525.jpg
入ったすぐにある芝桜。
一面ピンクでかわいらしいです。

IMG_3528.jpg IMG_3529-2.jpg
ここまで下がっているのは少なかったです。
色も少し淡い感じがしました。

・・ごめんなさい、右は色加工しています^^;

IMG_3535.jpg IMG_3538.jpg
一番奥の藤棚。
青空の変わりに、緑を背景にしたら結構いい感じ?

IMG_3540.jpg IMG_3541.jpg
曇っているなりに、ちょっと頑張ってみましたw

IMG_3550.jpg IMG_3553.jpg
藤棚の続く道。
本当なら、もっとすごいんだけどねぇ・・。

IMG_3557.jpg IMG_3558.jpg
藤のアップw
右のはまた違う種類のものでしたが、かわいらしいですね。


IMG_3566.jpg IMG_3563.jpg 
これは、センター横の遊歩道。
素敵なお花がいっぱいです。

IMG_3569.jpg IMG_3577.jpg

IMG_3574.jpg IMG_3571.jpg

IMG_3582.jpg IMG_3584.jpg



↓このあとは、帰り道の人の家の庭先とか公園にて撮ったもの。

IMG_3585.jpg IMG_3587.jpg
おもしろい花ですね~^^

IMG_3588.jpg
偶然チョウチョがっ!
なかなか止まっているところが撮れないので、チャンス♪

テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

プロフィール

萩野 桂(はぎのけい)

Author:萩野 桂(はぎのけい)
京都在住。12月8日生 射手座 B型

亡き祖父である八木毅は、シェイクスピアの研究者で、英訳「アセンズのタイモン」他英訳本を出版。その傍ら、八木絵馬の名で俳句本も出版。そんな祖父の影響を受け、シェイクスピアに幼少より興味を抱く。また谷川俊太郎氏などの影響を受け、詩を書くようになる。
少しでも何かを感じて頂ければ嬉しく思います。

<出版>
新世研「ぼうけんだいすき」(絵本翻訳)
新風舎「たからのはこ」(詩集1編)
新風舎「ゆめのたね」(詩集2編)
新風舎「きみのかけら」(詩集3編)

<賞>
2006年文芸社 VA出版文化賞 ポエトリー部門特別賞
最近応募していませんが、また挑戦するため、ブログの一部を非表示にしています。

こちらもよろしくお願いします。
Facebookページ「萩野桂」
ツイッター「萩野桂」
pixta 写真販売中

なお、こちらにアップしている京都ページは、「京都散歩道」に移動しました。

ウェブマガジン「コスマグ」にも記事を書かせていただいています。
「kossmag おとながーるの京都暮らし&社寺さんぽ」

なお、当サイトに掲載されている個々の情報(文章・写真など)は、個人で楽しむ以外は無断で複写、複製、転載等、ご遠慮ください。 著作権はすべて、萩野桂(はぎのけい)にあります。

FC2カウンター
ブログランキング
ポチっとよろしくお願いします!

FC2Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
読書カレンダー本棚
Powered By ソーシャルライブラリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。