スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「まっ白」

降り始めた雪が
僕のついた嘘まで溶かしていく
今なら素直にいえそうな気がする

心までまっ白にして
切ない想い抱きしめて
君の吐息が聞こえるくらい
しばらくこのままでいさせて

二人の時間を埋めるように
傷ついた心を癒すように
ただ静かに雪は降る
言葉はいらない
きっとこの想いは君に伝わるから

だからこのまま
すべてをまっ白にして



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、小田和正さんのライブにいって、
曲を題材に、詩の5連作です。
曲を聞きながら、読んでみてください。

スポンサーサイト

「こころ」

いつのまにか雨はやんで
君にも笑顔が戻った

こころ 近づいて離れて
君が1番大切だとわかった

君の笑顔 これからも守りたい
二人 こころ寄り添って

「言葉にできない」

君の面影をずっと探してた
忘れようとしても
忘れられなくて
時は過ぎ

今目の前に君がいる
会いたかった君がいる
溢れる想いはあるのに
言葉にできない

ただ二人の間に風が吹き抜ける
それだけでもなんだか心地よくて
君に会えてよかった

言葉がなくても
感じる君のぬくもり
あの頃と変わっていない君に
僕は何度でも恋をする
今再び君に会えた奇跡
言葉にできない

「さよなら」

「さよなら」
僕は心の終止符を打った

君が好きだった
こんな別れが来るとは知らず
ただずっと君を見ていた

これから二人
それぞれの道を歩む

君と過ごした日々は
きっと色褪せない
弱い僕を変えてくれたのは君だから
僕もまっすぐ明日を見据えていくよ

「さよなら」
君の背中で髪が揺れる
もう振り返って
笑顔を見せることはない
僕も静かに
背を向けた

「キラキラ2」

キラキラ
君は少年みたく目を輝かせて
僕に夢を語る
その夢に僕はいないんだね

キラキラ
眩しい君を見ていたら
そんな気持ちすらどこかに消えた

ただ素直に君を応援したいと思った

キラキラ
君はひまわりのように
まっすぐ未来を見据えている

「キラキラ」

キラキラ
水面に落ちた紅葉が
夜空に輝く天の川のように
はかなく流れてゆく

こうして季節は移り変わっていく

知らぬ間に時は過ぎ
無邪気にはしゃいでいた子供は
いつしか大人になった

嘘を覚え
愛想笑いを覚え
自分を偽り
他人をも欺き
汚い世界に身を置いた

それでも君は忘れなかった
君と過ごした日々は
今も褪せることなく
キラキラ輝いている

記憶の橋を渡れば
君に届くだろうか

心はあの頃に止まったまま
踏み出す勇気がなくて
前に進めずにいる

君に会えたら
このぬかるみから抜け出せるだろうか
キラキラ輝いていたあの頃に

「逢魔ケ時」

いにしえより
守られてきた契り

常世と幻世の境目で
交わされたそれは

逢魔ケ時に甦り
血塗られた欲望が繰り返される

運命(さだめ)は
幾度となく塗り替えられ
真(まこと)を知るは
心に巣窟した魔物のみ

この歪んだ街で
チャンスを窺いながら
身を潜めている
プロフィール

萩野 桂(はぎのけい)

Author:萩野 桂(はぎのけい)
京都在住。12月8日生 射手座 B型

亡き祖父である八木毅は、シェイクスピアの研究者で、英訳「アセンズのタイモン」他英訳本を出版。その傍ら、八木絵馬の名で俳句本も出版。そんな祖父の影響を受け、シェイクスピアに幼少より興味を抱く。また谷川俊太郎氏などの影響を受け、詩を書くようになる。
少しでも何かを感じて頂ければ嬉しく思います。

<出版>
新世研「ぼうけんだいすき」(絵本翻訳)
新風舎「たからのはこ」(詩集1編)
新風舎「ゆめのたね」(詩集2編)
新風舎「きみのかけら」(詩集3編)

<賞>
2006年文芸社 VA出版文化賞 ポエトリー部門特別賞
最近応募していませんが、また挑戦するため、ブログの一部を非表示にしています。

こちらもよろしくお願いします。
Facebookページ「萩野桂」
ツイッター「萩野桂」
pixta 写真販売中

なお、こちらにアップしている京都ページは、「京都散歩道」に移動しました。

ウェブマガジン「コスマグ」にも記事を書かせていただいています。
「kossmag おとながーるの京都暮らし&社寺さんぽ」

なお、当サイトに掲載されている個々の情報(文章・写真など)は、個人で楽しむ以外は無断で複写、複製、転載等、ご遠慮ください。 著作権はすべて、萩野桂(はぎのけい)にあります。

FC2カウンター
ブログランキング
ポチっとよろしくお願いします!

FC2Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
読書カレンダー本棚
Powered By ソーシャルライブラリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。