祇園祭の最終日のみ授与される、茅輪御守と厄除粟餅

DSC09274-2.jpg
7月31日、八坂神社の摂社、疫神社にて、夏越祭が行われます。
鳥居に大きな茅の輪が取り付けられ、それをくぐって厄を祓います。
これにより、1か月も続いた祇園祭の幕が閉じられます。

朝10時から神事が行われるのですが・・どうしてもいけない。
夕方駆けつけても、茅の輪は外されてしまいます。
なので、お参りだけしてきました。

DSC09292-2.jpg
せっかくなので、この日だけ授与される、茅輪御守と厄除粟餅をいただきました。

祇園祭で授与される、食べられない粽

祇園祭の期間中は、各場所で粽が授与されます。
ただし、食べるものではなく、軒下に吊るす厄除け粽です。
この風習は、故事に基づいています。

武塔天神が旅に出たとき、裕福な巨旦将来に宿を貸してほしいと頼んだところ断られてしまいます。
ですが、貧しかった兄の蘇民将来の家では、快くもてなしてくれました。
その後、武塔天神が、再び蘇民将来の家を訪れ、
蘇民とその子孫に至るまで、茅の輪を腰につけているものは、疫病の役を逃れられると約束をします。
こうして、厄除け粽には「蘇民将来子孫也」と書かれが護符が添えられています。
ちなみに粽は、本来「茅巻き」から来ており、古くは茅の葉で巻いていたことが転じて粽になったようです。

DSC08733-2.jpg
八坂神社の粽
八坂神社または、御旅所前で授与されます。
DSCN6371-2.jpg
豊園泉正寺榊の粽
これは、16日のみ授与されます。

DSC08742-2.jpg
大船鉾の粽
各山鉾の粽は、前祭、後祭のどちらかでそれぞれ授与されます。
大船鉾は、休み山でしたが、2014年より復活しました。後祭になります。

DSC09115-2.jpg
鷹山の粽(休み山)
こちらは山はなく、お飾りだけされていますが、2015年から一般の方にも授与されるようになりました。
こちらも後祭になります。

祇園祭の期間中のみ授与される御朱印

DSCN7443-2.jpg
祇園祭の期間中(7月1日~31日)のみ、
御朱印は、祇園祭にちなんで「御霊会」が授与されます。

DSC09296-2.jpg
通常はこちらの「祇園社」
DSCN7444-2.jpg
四神にちなんだ、「青竜」というのもあります。

祇園祭の2週間だけ食べられる稚児餅

chigomochi2.jpg
こちらは、八坂神社南門前にある「二軒茶屋 中村楼」の稚児餅。
祇園祭の7月14日~31日までの2週間だけしか食べられないのです。

二軒茶屋(日文研)km_02_02_009g
拾遺都名所図会 二軒茶屋(日文研HP)

「阿蘭陀が細工にいかぬ我国の祇園豆腐のやはらかな音」と書かれています。
八坂神社の南側に、東側の中村楼と西側の藤屋がありました。
茶屋が二軒あったので二軒茶屋と呼ばれていました。
当時、オランダ人が洛東を通るときに、東方の茶店で休むのがおきまりとなっていたそうです。

文研の中には、こんな記載があります。

「毎年6月1日(旧暦なので、現在の7月1日)には、
炙り餅を串にさして、豆腐に合わせ味噌引きとし、これを合餅(あわせもち)といふ。
氷餅(水無月)にも准し物ならん。
此日、祇園会鉾の児、其外参詣の人々にもこれを出す。
又6月6日にも神楽所(神社内)にて、祭儀の役人にこれを出して、嘉例とす」




そういったところから、
現在では、7月13日の長刀鉾稚児社参の際、
儀式の後に、お稚児さんにこの稚児餅が振る舞われます。
そして、一般の方でもカフェでいただくことができます。
抹茶とセットで1300円です。

お店は2014年リニューアルされて、ちょっとモダンになりました。
前の方がレトロで好きだったので残念・・。


ちなみに、三條若狭屋さんのちご餅は、
中村楼の稚児餅を元に創作されたものです。

DSC09288-2.jpg
藤屋は明治初年までありましたが、今は井戸だけ残ってます。

祇園祭の24日にだけ扉が開かれる、大政所御旅所(おおまんどころおたびしょ)

17日の神幸祭で、八坂神社の神霊が3基の神輿(中御座、東御座、西御座)に移され、
祇園社の御旅所(四条寺町)でお迎えします。
24日の還幸祭で、その神輿が、御旅所から八坂神社へ帰られます。

御旅所はかつて2か所あり、それは現在地とは異なっていました。
中御座と西御座が渡御する大政所御旅所(烏丸高辻)と、
東御座が渡御する少将井御旅所(烏丸竹屋町)があり、
これを豊臣秀吉が統合し、1591年に現在の地に移設させました。
少将井は今は井戸跡だけ残り、小祠は京都御苑内の宗像神社に移設されています。
大政所は、烏丸高辻にありますが、1536年に騒乱で焼失し、その後小祠を建てられました。

DSC07898-2.jpg

DSC07904-2.jpg
説明にはこのように書かれています。

ここは祇園祭(八坂神社の祭礼)の神輿渡御のとき、三基の神輿のうち、
大政所(素戔嗚尊)神輿と八王子(八柱神子神)神輿の二基が安置される場所であった。
残る少将井(櫛稲田姫命)神輿は、中京区の烏丸竹屋町の御旅所に渡御していたが、
天正19年(1591年)に豊臣秀吉により、四条寺町にある現在の御旅所に移築・統合された。
円融天皇の時代(969~984)に、この地に住んでいた秦助正が、
夢の中で八坂大神の信託を受け、また自宅の庭から八坂神社まで蜘蛛の糸が引いているのを見て、
朝廷にこのことを奏上した結果、助正の家が御旅所となったという。
天文5年(1536)に騒乱のため焼失したが、その後に町の人々が小祠を建て、
八坂大神を奏祀し、大政所町鎮護の社として毎年7月16日を例祭日と定めた。
今でも神輿還御の時には神輿が立ち寄り、神職が拝礼する。 
【京都市】

また、平成4年7月に説明が追加されています。

祇園祭の山や鉾は籤をひいて巡行の順番を定めるが、
長刀鉾は籤をとらず巡行の先頭を進む古例になっている。
その鉾の先にある長刀は、三条小鍛冶宗近の鍛えたもので、
八坂皇大神の霊威やどるところ、これを拝する人は疫病災難にかからぬと傅えられ、
毎年7月15日夕刻この長刀を唐櫃におさめて、
長刀鉾町からお稚児さんとともに行列を建て大政所の社にうつし、
7月16日に厄除祈願のため一般の人々の拝戴を許す例になっていた。
現在では7月16日午前9時御列祭を執行し、24日夕刻還幸祭に御神輿の渡御がある。
【大政所】

※ちなみにこの「大政所神剣拝戴」という神事は、
かつて行われていましたが、現在は行われていません。

いつからなくなってしまったのかも、今のところ記録が見当たりません。
どんなものだったのか見てみたいですね。

DSC07899-2.jpg
大政所御旅所旧跡と書かれています。

DSC07905-2.jpg
「八坂神社」が「八阪神社」となっています。
調べてもわからず・・なぜなんでしょうね。
比較的新しそうに見えます。

DSC07907-2.jpg
八坂神社の神紋です。
右:「五瓜(ごか)に唐花(からはな)」

織田木瓜(おだもっこう)ともいいます。
この木瓜という紋は、御簾の周囲に張り巡らされた「帽額(もこう)」からきているといわれています。
「キュウリ」の切り口に似ていることから、祇園祭の期間中、山鉾町の人たちはキュウリを食べない、という言い伝えもあります。
これはキュウリではなく、「マクワウリ」である、という説もあります。

私はやはりキュウリだと思っています。
木瓜をそのまま読んでもキュウリですよね。
キュウリの原産地は、ネパールや北部インドといわれていますが、
野生のキュウリは食用に適さず、平安時代はとてもまずくて食べられないものだったようです。

八坂神社の祭神素戔嗚尊と牛頭天皇が同一視されており、
この牛頭天皇がキュウリが好物だといわています。
皆がまずいというものが本当に好きだったのでしょうか?
おそらく、そのくらいしか食べられなかった、つまり蔑まれていた。
だからこそ怨霊となり、神として祀られたのだと、私はそう思います。


左:「左三つ巴(ひだりみつともえ)」
こちらは八幡神社関連の神紋です。

DSC09250-2_20150725120850027.jpg
7月24日還幸祭。
この大政所に、神輿が3基とも立ち寄り、拝礼をされます。
写真は、西御座(錦/八柱神子神)。
19時15分~30分頃でした。

DSC09249-2_20150725120849970.jpg

DSC09263-2.jpg

普段閉ざされている門が、この日だけ開かれます。
プロフィール

萩野 桂(はぎのけい)

Author:萩野 桂(はぎのけい)
京都在住。12月8日生 射手座 B型

亡き祖父である八木毅は、シェイクスピアの研究者で、英訳「アセンズのタイモン」他英訳本を出版。その傍ら、八木絵馬の名で俳句本も出版。そんな祖父の影響を受け、シェイクスピアに幼少より興味を抱く。また谷川俊太郎氏などの影響を受け、詩を書くようになる。
少しでも何かを感じて頂ければ嬉しく思います。

<出版>
新世研「ぼうけんだいすき」(絵本翻訳)
新風舎「たからのはこ」(詩集1編)
新風舎「ゆめのたね」(詩集2編)
新風舎「きみのかけら」(詩集3編)

<賞>
2006年文芸社 VA出版文化賞 ポエトリー部門特別賞
最近応募していませんが、また挑戦するため、ブログの一部を非表示にしています。

こちらもよろしくお願いします。
Facebookページ「萩野桂」
ツイッター「萩野桂」
pixta 写真販売中

なお、こちらにアップしている京都ページは、「京都散歩道」に移動しました。

ウェブマガジン「コスマグ」にも記事を書かせていただいています。
「kossmag おとながーるの京都暮らし&社寺さんぽ」

なお、当サイトに掲載されている個々の情報(文章・写真など)は、個人で楽しむ以外は無断で複写、複製、転載等、ご遠慮ください。 著作権はすべて、萩野桂(はぎのけい)にあります。

FC2カウンター
ブログランキング
ポチっとよろしくお願いします!

FC2Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
読書カレンダー本棚
Powered By ソーシャルライブラリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR