スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の世界

貴方の甘美な誘惑に
足は軽やかに踊る
夢の世界へと

ここは宮殿
真っ白なドレスを翻し
階段を降りるわたしに

貴方は手を差し伸べて
貴族のように跪き
甲にそっと口づけする

あまねく人の視線を
一切跳ねのけて
シャンデリアの下で踊る

今夜は貴方を独り占め
とろけるような囁きに
顔を埋めて

腰に回された腕に
涼しげな眼差しに
熱くなる鼓動

許されたこの時だけ
私は束縛から解放されて
自由になる

夢から覚めれば
それは幻
スポンサーサイト

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

無関心な街

踏み出す最初の一歩が
いつも躊躇する

その先に待ち受けているのは
恐怖かそれとも希望か

冷たい視線を向けて
通り過ぎる人々
差し伸べる手さえない
無関心な街

そして僕は安堵する
誰も気にも止めないことに

僕がどんなであれ
人はどうでもよいのだ

僕が何をしても
僕を蔑みもせず
僕を羨みもせず
僕を妬みもせず
僕を恨みもせず

ただ人はそこにいるだけだ
ただ人は通り過ぎるだけだ

僕が
この一歩を躊躇することすら
無意味なことなのだ

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

空は世界を見ている

今日も空は
透き通るほど青く
一瞬の穢れも知らず
ただそこに居て
世界を見ている

少女は祈りを捧げる
天つ彼方の母を悼み
これからの行末と
希望を託し
遺された身を案じて

男はリストラされて
妻にも離縁され
絶望の中にいた
川に飛び込もうとしたその時
水面が青く揺れていた

年老いた女は病に臥せり
生と死の狭間を行ったり来たり
夫も親友ももういないが
それでも生にしがみついて
窓から零れる光に目を細めた

どこにも空はあり
世界を見ている
それは心を映す鏡となり
自分を見つめる瞬間でもある
空は静かに応えてくれる

その向こうはきっと
宇宙のように果てしなく
キラキラと煌めいている

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

伸ばした手

光に憧れて
伸ばした手をつかんだのは
紛れもなく君だったのに

その手を
呆気なく手放したのも
紛れもなく君だった

伸ばした手は
虚空をつかんだまま
彷徨っている

悪魔が耳元で囁いて
その手を闇へ闇へと
引きずり込もうとしている

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

心の空洞

僕は何をしているのだろう
僕は何がしたいのだろう

夢も希望も
多分何処かに置き忘れて

僕の心の空洞は
ぷらんぷらんと揺れている

テーマ : 詩・ポエム
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

萩野 桂(はぎのけい)

Author:萩野 桂(はぎのけい)
京都在住。12月8日生 射手座 B型

亡き祖父である八木毅は、シェイクスピアの研究者で、英訳「アセンズのタイモン」他英訳本を出版。その傍ら、八木絵馬の名で俳句本も出版。そんな祖父の影響を受け、シェイクスピアに幼少より興味を抱く。また谷川俊太郎氏などの影響を受け、詩を書くようになる。
少しでも何かを感じて頂ければ嬉しく思います。

<出版>
新世研「ぼうけんだいすき」(絵本翻訳)
新風舎「たからのはこ」(詩集1編)
新風舎「ゆめのたね」(詩集2編)
新風舎「きみのかけら」(詩集3編)

<賞>
2006年文芸社 VA出版文化賞 ポエトリー部門特別賞
最近応募していませんが、また挑戦するため、ブログの一部を非表示にしています。

こちらもよろしくお願いします。
Facebookページ「萩野桂」
ツイッター「萩野桂」
pixta 写真販売中

なお、こちらにアップしている京都ページは、「京都散歩道」に移動しました。

ウェブマガジン「コスマグ」にも記事を書かせていただいています。
「kossmag おとながーるの京都暮らし&社寺さんぽ」

なお、当サイトに掲載されている個々の情報(文章・写真など)は、個人で楽しむ以外は無断で複写、複製、転載等、ご遠慮ください。 著作権はすべて、萩野桂(はぎのけい)にあります。

FC2カウンター
ブログランキング
ポチっとよろしくお願いします!

FC2Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
読書カレンダー本棚
Powered By ソーシャルライブラリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。