スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/16吉田山大茶会 その3

IMG_7943.jpg
こちらは京都の竹村玉翆園さん。
京田辺の茶園、300年の古木の抹茶、ラスクなど。
急須の本もゲットです。

IMG_7967.jpg
そのお隣では、宮城の石巻市の桃生茶の水出しの試飲をいただきました。
甘くておいしかったです。

IMG_7979_20120617192759.jpg

こちらは宮崎県の釜炒り茶。


IMG_7980.jpg
愛媛県松山市で作っている自然茶。
農薬も有機肥料もしないんだって。
土が健康になれば、植物も健康になり、それを食べる人間も健康になる。
この言葉が心に響きました。

ここで紅茶をいただきました。
渋みが残らずに飲みやすい。
お手製のクッキーもおいしいw

IMG_7982_20120617192757.jpg
さらにあつかましくも・・緑茶。
これが結構好みでおいしかった。
かりんとうもおいしい~。

IMG_7983.jpg
さらにあつかましくもほうじ茶。
香りがとってもよい。
色が茶色くないのにびっくり。
火入れを深くしないことにより、焦げたようなほうじ茶でないものにしているのだそう。
うん、この方がおいしいです。

いろいろお話を聞きながら、さらにかぶせ茶もいただいてしまいました。
秋には茶摘みにいかせてもらうのだっ!

IMG_7987.jpg
急須の本、かなり興味深くて、一気読み。
急須の形の変化とか、茶漉し、蓋、底、持ち手の違い、急​須の作り方、持ち方や入れ方、焼き物の種類、手入れまで​、ありとあらゆることが書かれていて、興味深かったです​。
これで500円はかなりお手頃ですね。

IMG_7988.jpg

本日の戦利品。
左は言葉を書いてくれるところで、「一期一会」にしました。
奥のパンは、天然酵母パンで緑茶入り!


そして、飲んだお茶たち・・。

中国の黄茶、
京都の樹齢300年の抹茶、
静岡の釜炒り茶、
宮崎の​釜炒り茶、
韓国の煎茶(これがほんと好きなんだけど、売ってない​んだよな〜)、
静岡の天竜茶(山育ちのお茶)、
インドのチャイ、
トルコのチャイ、
台湾の烏龍茶、
ニュージーランドのピュア(緑茶​に違い烏龍茶みたいなの)、
岩茶の夜来香、
高知の煎茶、
愛媛の自然茶の紅茶、​ほうじ茶、煎茶、かぶせ茶、
京都の有機ほうじ茶の水出し、
宮城の​桃生茶の水出し、
静岡の和紅茶みらい

スポンサーサイト

テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

6/16吉田山大茶会 その2

IMG_7985.jpg
この右手の階段を上がっていくと・・

IMG_7962.jpg
笛の音がまたよいです。
物語を語っていました。

IMG_7965_20120617191332.jpg
左手には、インドのチャイ、トルコのチャイがあります。

IMG_7964.jpg
こちらがインドのチャイ。

IMG_7966.jpg
こちらがトルコのチャイ。
砂糖をいっぱいいれるのだそう。
二つ重ねているやかんの下にお湯、上に茶葉とお湯が入っていて、
蒸している感じ。
それを先にいれて、お湯で割るんだって。

IMG_7972.jpg

そして、ニュージーランドのお茶です。

IMG_7970.jpg
スプーンと湯飲みがかわいいw

IMG_7973.jpg
左からピュア、アロマティック、ダーク。
右にいくにしたがって、焙煎が強くなります。
葉だけでも香りがかなり違っています。
アロマティックはその名の通り、癒される感じの香りがしました。
ピュアはそれに比べるとあっさりかな。

IMG_7976.jpg
同じく。
お湯に出すと色の違いがわかりやすいですね。

IMG_7975.jpg
ピュアがおすすめといわれて注文したけど、
ウーロン茶のちょい手前、緑茶との間みたいな感じ?
右のは、キウイのドライフルーツです。

IMG_7977_20120617191506.jpg
二煎目。
山盛りはいっているからか、ここでえらく体がぽかぽかしちゃいました。

テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

6/16 吉田山大茶会 その1

IMG_7929_20120617152355.jpg
吉田山大茶会にいってきました。
雨が小降りだったのでよかった~。

IMG_7986.jpg
あじさいも咲いていて、6月ということを感じさせてくれます。

IMG_7931_20120617152353.jpg

ついてすぐ、留香茶芸さんの中国茶のお点前。
時間によって、淹れるお茶が違い、
一番最初のが10時15分からの蒙頂黄芽(四川省、黄茶)で、
時間過ぎていたんだけど参加できました!

IMG_7930_20120617152352.jpg

葉はこんな感じ。
この時期しか飲めない、珍しいお茶だそう。

IMG_7934.jpg

日本茶みたいに回し注ぎはせず、一気にいれていきます。

IMG_7935_20120617152351.jpg

一煎目。
緑茶に近くて、甘みがあって飲みやすい~。

IMG_7936.jpg

二煎目。クッキーといっしょに。

IMG_7938.jpg

淹れたあとの芽です。
かわいらしいですね。



IMG_7955.jpg

続いて、韓国の煎茶のお点前。
韓国の煎茶、好きなんです~。
毎年ここでしか飲んでないけど・・。

IMG_7944.jpg

この棒を鳴らして、お点前が開始されます。

IMG_7948.jpg

茶碗を温めてから、お湯をいれて蒸らすやり方は同じです。
この待ち時間に、韓国の詩を朗読。
読み終わる頃がちょうどいい頃合いです。


IMG_7951.jpg

子供が超かわいい・・。
韓国の礼の仕方とかなんか好きなんです。

IMG_7952.jpg

一煎目。
日本の煎茶ほど渋みがなく、甘みのあるお茶なので、
お菓子も甘みを抑えたものになっているとか。
米粉を使った柔らかいお菓子と、海苔をまぜた固めのお菓子。


IMG_7953.jpg

二煎目。
この方も笑顔が素敵・・w

IMG_7956.jpg

お茶の葉。
結構大きい。

IMG_7957.jpg

IMG_7958.jpg

IMG_7959.jpg

きっと飲んだやつも釜炒りなのかなぁ。

テーマ : おこしやす!京都
ジャンル : 地域情報

6/3 ルピシア フェスティバル

大阪インテックスへ、ルピシアフェスティバルにいってきいました。

IMG_1036.jpg
入り口~。
中撮るの忘れた・・。

IMG_1037.jpg
ココデシカでは、地域限定の紅茶の販売がありました。
海外のもあってびっくり。
でも、香料とか入っているようなお茶だから、私は見ただけ~。

そして、試飲コーナーで、気になるものをチェック。
ニルギリやアッサムといったノーマルなものから、いわゆるブレンドティー、そしてりんご麦茶や梅麦茶・・。
発想が斬新やわぁ。

IMG_1040.jpg
こちらは、長蛇の列だったけど、30分待ちで試飲。
ダージリンのファーストフラッシュの飲み比べ。
ちゃんといれてくれるので、試飲コーナーと全然違う・・。
価格も違うけど。
こういうちゃんとしたのもあるんだね^^;

IMG_1041.jpg
リザヒルっていうのが好みだった。
甘みがあって、とても優しい味でおいしかった。
25g2500円とかするの^^;
10g売りもあったけど、さすがに買えないわ〜。

IMG_1043.jpg
これは試飲コーナーで、ダージリンのファーストフラッシュばかり。
こんなにいろいろあるんだね~。

日本茶やウーロン茶もあったので、もちろんこちらも試飲。
日本茶は、屋久島新茶のあさつゆとゆたかみどり、知覧新茶のゆたかみどりと生仕上げ。加賀棒茶や黒玄米茶など。
飲み過ぎ(笑)


IMG_1044.jpg

戦利品。
左のはお土産。
スコーンは、ミルクティー、ヘーゼルナッツ&キャラメル、りんご&ローズマリー。
屋久島新茶のゆたかみどり、そしてティースプーンも買っちゃいました

テーマ : 大阪
ジャンル : 地域情報

5/30 日本茶カフェ「ととやとや」

IMG_7900.jpg
大阪、心斎橋にある宇治香園のお店の奥にある、
日本茶カフェ「ととやとや」
初めていったけど、雰囲気のあるとても良い感じのところでした。

IMG_7901.jpg
階段下のこういうところも粋ですねw

IMG_7899.jpg
新茶の特別メニューを注文。
お湯はおかわりをもらえます。


一人だったので、かなりゆったりできました。

テーマ : 大阪
ジャンル : 地域情報

プロフィール

萩野 桂(はぎのけい)

Author:萩野 桂(はぎのけい)
京都在住。12月8日生 射手座 B型

亡き祖父である八木毅は、シェイクスピアの研究者で、英訳「アセンズのタイモン」他英訳本を出版。その傍ら、八木絵馬の名で俳句本も出版。そんな祖父の影響を受け、シェイクスピアに幼少より興味を抱く。また谷川俊太郎氏などの影響を受け、詩を書くようになる。
少しでも何かを感じて頂ければ嬉しく思います。

<出版>
新世研「ぼうけんだいすき」(絵本翻訳)
新風舎「たからのはこ」(詩集1編)
新風舎「ゆめのたね」(詩集2編)
新風舎「きみのかけら」(詩集3編)

<賞>
2006年文芸社 VA出版文化賞 ポエトリー部門特別賞
最近応募していませんが、また挑戦するため、ブログの一部を非表示にしています。

こちらもよろしくお願いします。
Facebookページ「萩野桂」
ツイッター「萩野桂」
pixta 写真販売中

なお、こちらにアップしている京都ページは、「京都散歩道」に移動しました。

ウェブマガジン「コスマグ」にも記事を書かせていただいています。
「kossmag おとながーるの京都暮らし&社寺さんぽ」

なお、当サイトに掲載されている個々の情報(文章・写真など)は、個人で楽しむ以外は無断で複写、複製、転載等、ご遠慮ください。 著作権はすべて、萩野桂(はぎのけい)にあります。

FC2カウンター
ブログランキング
ポチっとよろしくお願いします!

FC2Blog Ranking


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
リンク
RSSリンクの表示
読書カレンダー本棚
Powered By ソーシャルライブラリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。